カレンダー

太極拳の練習日程などはこちらのカレンダーでご確認ください。

〓〓真の太極拳を学ぶ教本〓〓

taichi24bone600×900

太極拳クラス

夜間クラス

グループ内検索

カテゴリー

採腕側頭撃から解法(採勢・上勢・高探馬・転動挒)

2016/6/5武道クラス
20160605_1(拳脚)採腕側頭撃=相手の左肩を按で押さえて同時に相手の右手首を採で捕らえ身体を固定して、右足を踏み込んで相手の太陽穴に対して側頭撃
(解法)右手首に採勢を感じたら即座に、随勢//その勢いに従い、沾勢//我の身中に相手の勢に貼り付きながら、引勢//引き込み、走勢//相手の勢を走らせ、化勢//我の勢に変化させて、粘勢//右手を相手の右手に粘らせて、連勢//相手と連なり沖和して蓄勁、高探馬の勢により腰腿で発勁して解法となる。ここまでの、随沾引走化粘連の勢いから完成した勁を紬糸勁という。同時に左足を進歩して、または右足を上歩して転動勢により臂鎌拳挒
(相手の勢に応じて)相手が、我を固定した場合は後方に引き込み扌履勢とするのは無理があるが、相手の技が流れ後方に勢が向かった場合は、そのまま、扌履勢による大扌履を発勁して解法となり相手を背勢として、踢脚や摔角など、相手の背勢に応じた技を発する。または、相手の勢が我の腹側に流れた場合は、そのまま抱掌となり、野馬分鬃の発勁により、靠勁や肘勁、挒勁などを発する。いずれも、随沾引走化粘連の勢いから完成した紬糸勁を用いること。特に沖和(ちゅうわ)を重視。
(勢と勁)太極拳は、どの勢も発勁とすることができる。ここでは、例えば、引勢にて発勁を行うと相手が前に崩れる場合などを行ってみた。しかし、この場合は、解法で発勁とすることから、引勢や他の勢で発勁することは別の技となり、紬糸勁による解法を完成できないので注意すること。

「動画」抜粋版(YouTube)

フルバージョンは下記の■詳細及び記録動画から観ることができます。門下のみ(要申請:未申請の場合はクラス指導者に申請してください。)

(詳細は下記)

■詳細及び記録動画

※本日の練習の相対招式の技術を詳細に記載しています。要訣など、随時加筆していきます。
☆この記事を全文閲覧される場合は、門下として許可されたユーザーとしての Login が必要です。

コメントを投稿するにはログインしている必要があります