カレンダー

太極拳の練習日程などはこちらのカレンダーでご確認ください。

〓〓真の太極拳を学ぶ教本〓〓

taichi24bone600×900

太極拳クラス

夜間クラス

グループ内検索

カテゴリー

分脚の各種示意

2016/6/12武道クラス
20160612_1分脚は体の軸に対して真っ直ぐに発せられ、鬆跨においては開経となる。真っ直ぐに勢を発する為の勁道を確認しながら、整体を施す方法を最初に行った。鬆跨における開経と、身体に対して真っ直ぐ上がる膝、膝と同じ方向に伸びることができる爪先の屈伸を行う。(鏡を見て行った)
上半身を套路と同じく撑勁を併せて行ってみる。※撑勁は、相手の攻撃を受けて同時に分脚を発することを想定している。胸を開くようにして、両臂で外に開く勁が撑勁
単に、分脚を発する場合は、争勁を使用する。争勁は胸だけが開く勢。(丹田から勢が上がり胸が開く)両臂は自由自在に発勁を発する。この場合は右分脚なら、右掌にて我の下半身を防御し、左掌で我の上半身を防御しながら蹴り込む。(基本)
(重要)上下相随・左右相随/套路と同じく、膝を上げて蹴り、膝を戻す。進歩分脚、上歩分脚の練習。
(分脚の使い方)分脚は楊式太極拳において独特の使い方がある。身体の傾斜によって、分脚の角度を付け、真っ直ぐに立って蹴る場合(套路のとおり)真っ直ぐに相手の中心へ、体を傾斜させた場合、その角度のまま相手の側面へ、それ以上倒していくことで、相手の足刀などを蹴り込む高蹴りとなる。体の軸と蹴り足の勁道は一致しており、分脚の練習だけで、金的蹴りから、水月などへの踢脚、一般的に回し蹴りと言われる蹴りから、ハイキックと言われる蹴りまで全て同じ勢いでこなせる。
その練習を行う。
(拳脚示意)我の手揮琵琶からの誘いに応じて、相手は左斜分脚(ほぼ回し蹴り)を我の右脇腹に蹴り込んでくる。我は進歩搬攔捶の勢いのとおり、右顧して歇歩と同時に右手で搬にて蹴りを後方に流し、そのまま左足順勢による分脚を相手の金的に発する。(進歩搬分脚)この場合は我は後ろ体重の場合が多い。
我の手揮琵琶からの誘いに応じて、相手は左斜分脚(ほぼ回し蹴り)を我の右脇腹に蹴り込んでくる。我は左足を側行歩にて移動して右手で搬にて蹴りを後方に流し、そのまま右足順勢による分脚を相手の金的に発する。(側行搬分脚)この場合は我は前体重の場合が多い。
※攻撃側の分脚は、最初に練習した分脚のとおりに行う。

高蹴りにて分脚の勢いにより相手の側頭部を狙う(高分脚)、それを金鶏独立(領空左眄)により防御。右臂で上半身、左臂で腹部、右足で下半身を防御。左眄勢ではじくと同時に、右費にて相手の右頸部に手刀上勢か、相手に対して右分脚

 

■詳細及び記録動画

※本日の練習の相対招式の技術を詳細に記載しています。要訣など、随時加筆していきます。

☆この記事を全文閲覧される場合は、門下として許可されたユーザーとしての Login が必要です。