カレンダー

太極拳の練習日程などはこちらのカレンダーでご確認ください。

〓〓真の太極拳を学ぶ教本〓〓

taichi24bone600×900

太極拳クラス

夜間クラス

グループ内検索

カテゴリー

青龍凌空と青龍探海

2016/6/12武道クラス
20160612_3 相手に我の右手を両手で捕まれ、真っ直ぐに引っ張られたとき、相手の勢は両手を結んでいるので内に向かい、相手の手にある勢は腕から肘、肩へと向かっていく、この勢を折畳の勢という。折畳の勢に随勢で随いながらその勢を走勢で走らせ、相手の勢の圏内に沾勢で貼り付きながら、金鶏独立の裏勢に化勢で変化していくと、相手の両手の間に連勢が生まれ沖和したところで、裏勢の粘勢により発勁すると解法となる。(ここでは行っていないが)解くと同時に右膝撃や、解いた手の環流勁をそのまま沈勁による発勁や、提手上勢の勢を使用して、相手の右頸動脈洞への手刀、または頸部への上勢による臂刀拳などを行う。
相手が、折畳の勢に随勢を発せられていることを悟り、急遽、その勢いを止めてその場(両手の部分)に勢を留め、その勢を太鼓を打つように叩きながら下方へ重力を増していく。これは解法であり、この勢を鼓蕩勢という。そうであれば、その鼓蕩勢に随勢で従いながら、相手の勢を走勢で走らせ、相手の勢の圏内に沾勢で貼り付きながら、海底針の裏勢に化勢で変化していくと、相手の両手の間に連勢が生まれ沖和したところで、裏勢の粘勢により発勁すると解法となる。(ここでは行っていないが)解くと同時に、相手に靠勁や肘勁、斜飛式による金的への撩掌や挑掌にて発勁などを行う。
我の右臂を龍に見立て、龍が上昇していきながら天を目指す勢いは青龍凌空、下降しながら海に沈んでいく勢いは青龍探海であり、どちらも古式楊式太極拳における龍の勢を使用する。龍の勢の神髄は、龍は丹田から飛び出し一挙に矢のように、青龍凌空では右龍角、青龍探海では左龍角である発勁点に向かい(三節の理)その三節の勢いの慣性が龍の頭や胴や尾を連れてくるのである。まるで龍が天に向かい、海深くに沈むような勢いである。龍の尖端の勢は、周りの雷雲や、海原を巻き込みながらその勢いを尖端に集めていく。この集まっていく勢いが三尖の理である。
この招式はこの龍の勢を修練するためには最適である。

■詳細及び記録動画

※本日の練習の相対招式の技術を詳細に記載しています。要訣など、随時加筆していきます。

☆この記事を全文閲覧される場合は、門下として許可されたユーザーとしての Login が必要です。