カレンダー

太極拳の練習日程などはこちらのカレンダーでご確認ください。

〓〓真の太極拳を学ぶ教本〓〓

taichi24bone600×900

太極拳クラス

夜間クラス

グループ内検索

カテゴリー

ヨガブームの次は太極拳か。不眠や病気治癒に実践型解消法を – Ameba News [アメーバニュース]

o078805261313_2-01-788x526炎症は細菌などから体を守る大切な生体反応であるが、過度に起こるとアレルギーなど逆に私たちの体に有害な反応を引き起こす。 カリフォルニア大学の新しい研究によると、不眠患者の不安やストレスを取り除くことで睡眠改善に有効とされる認知行動療法が、炎症の軽減にも効果があったという。 さらには、同様の効果が太極拳にもあることが認められたというから驚きだ。太極拳は古くから健康に良いとされてきたが、ヨガのように近い将来、太極拳ブームが到来するかもしれない。

情報源: ヨガブームの次は太極拳か。不眠や病気治癒に実践型解消法を – Ameba News [アメーバニュース]

武当派の太極拳に伝わる、存思太極拳(瞑想太極拳)の一つとして、想念太極拳があります。
もともと武当派太極拳の発祥の地、武当山には、十方叢林という大道観があり、精神科を含む総合病院のような役割と、武道による心身の鍛練を行うトレーニングセンターのような役割を担っていました。これは、もともと、インドで始まった最古の総合医療といわれるシッダ医療が源流にあり、総合医療はアーユルヴェーダから中国医学、心身鍛練はカラリパヤットなどの武道から、少林寺などへの中国武道、そして、武当山への内家拳法へと伝わっていきました。その中で想念太極拳は、深層心に浮かぶ雑念や観念をとらえて、それを思考などして認知して、それに焦点をあてて気づきを得ていく心理療法の技法で、老師は太極拳の套路を指導し、午後の2時頃から患者にその套路を実践させます。

武当派の内丹では、不眠や、ストレス、不安や、不幸感などだけではなく、今で言う、うつ病、パニック障害、強迫性障害、不眠症、薬物依存症、摂食障害、統合失調症などの病気の原因は、後天的な人間の性(後天の性)であると考えられており、最近の科学でも、先天的な脳と後天的な人間の脳のアンバランスで、不完全な状態が証明されています。そして、認知、感情、行動は密接に関係しているとされ、それらが、不眠や、ストレス、不安や、不幸感などの不適切な反応の原因であり、想念太極拳は、その原因に気付かせることにより、自分の思考の論理上の誤りに修正を加えることができるように促していくことを目的としています。現在医学における、弁証法的行動療法でもあり、存思太極拳の最終目的は、無意識な深層心への気づきですが、想念太極拳は観察可能な意識的な思考に焦点をあてるので、観測が可能であり、武当山の老師たちはその経験を積みかさねてきました。
そして、こうした技法は技法化できるため、老師から弟子へその技法を伝えるだけでなく、想念太極拳を修得して、自分で套路を行いながら、現在で言う認知行動療法が行えるのです。このような認知行動療法は、科学的根拠に基づいて有効性が報告されています。

深層にある、自分の観念に向き合うのは、強迫性障害に対する曝露反応妨害法でもあり、深くにある不適切で過剰な反応を、太極拳の緩やかな円転動作と共に柔和していきます。
特に、心的外傷後ストレス障害(PTSD)を持つ人に対しては、自分の内にある恐怖や不安を活性化させることを目的とさせ、その不安や恐怖は想念太極拳の套路において柔和させ、それを持続的に毎日行わせる事で、多くの心的外傷後ストレス障害(PTSD)を持つ人を回復させてきたそうです。これは、持続エクスポージャー療法であり、科学的に効果が現在において立証されているものです。
想念太極拳の瞑想は、瞑想においては、マインドフルネス認知療法ですが、緩やかな動きと共に行動して気づきと柔和をパックにして認知していくことで、特別な効果を上げることができ、睡眠改善や不安、ストレス、うつ病などの病などだけでなく、疼痛や炎症、身体の疾病の改善にも利用されていました。

たしかに、このような効果が太極拳にあるのなら、ヨガのようなブームを迎えることがあるかも知れませんが、この武当山においての技法が伝承されている太極拳は、一般的には普及していないようです。このような太極拳が普及すれば、確かにブームを迎えるかも知れませんが、今や、太極拳で多くの人が膝や腰を壊すことも多く、元々、ヨガとは違って、太極拳は難しい武道の動きを必要とするものですから、このあたりの理合を知れば、自ずと、医武同源の難しさを知ることになります。
武道の動きを完全に習得しないと、本来の太極拳の効果を得ることができない、しかし、本来の太極拳の効果を得るためには、適切な武道の動きを修得しなければならない。しかし、適切な武道の動きを習得せずに動くと、腰や膝を壊すので続けることができない。このジレンマを解決するのは、動きを小さくし、膝や肘を曲げて動き、膝を足先より前に出さない動きをするしかない。これも運動をしないよりは良いでしょうが、これだけであればラジオ体操という優れた体操がお勧めです。
このように太極拳が、ブームになるには、古くから武当山にあった太極拳が一般に認知されるようになる必要があると、私は思います。

存思太極拳関連リンク 小保方晴子の裏ストーリー~38兆円の巨大利権がSTAP細胞を脅し潰した~ | netgeek

コメントを投稿するにはログインしている必要があります