カレンダー

太極拳の練習日程などはこちらのカレンダーでご確認ください。

〓〓真の太極拳を学ぶ教本〓〓

taichi24bone600×900

太極拳クラス

夜間クラス

グループ内検索

カテゴリー

キスでお目覚め「お姫様細胞」 小保方さん、幻の命名案:朝日新聞デジタル

太極拳では、体中隅々までまんべんなく、細胞の一つ一つ、いやそれ以上の小さな分子や、原子などの量子の世界まで思いを馳せて、貫いていく響いていく。それを一体であるという「周身節節貫穿」という心意があります。「周身節節貫穿」は細胞の一つ一つ、原子の隅々まで
そして、その一節に添えられる一節は「無令絲毫間断耳」どんなに小さな微塵の隙間も途切れることは無く。「絲」10のー4乗。「毫」10絲、これが太極拳では心身のミクロに対する考え方です。

人間は、いえ全ての生物は、細胞(さいぼう)という生物体の構造上・機能上の最も小さな基本単位があり、また、その細胞一つ一つのそれ自体が生命体でもあり、その集まりが人間一人の命を造り上げているとも考えられます。この微小な部屋状の細胞は、人間の命とともに年末年始だけでなく、いつも私たちとともに生きています。
こんな細胞たちへの感謝の気持ちと、またこれからも末永く一緒に生きていくという想いを巡らせて、細胞のことについて考えてみると、プリンセスという表現はおいておいても、確かに小保方さんのような思いが浮かぶかも知れません。

私たちの細胞も、太極拳の自然な気勢により目覚めていきます。STAP細胞と同じですね。

 新発見の「STAP(スタップ)細胞」はこれまでの万能細胞と異なり、眠っていた力を呼び覚まして、自ら万能化する。開発した理化学研究所の小保方(おぼかた)晴子ユニットリーダー(30)は、「王子様にキスされて目覚めるお姫様」になぞらえた。

情報源: キスでお目覚め「お姫様細胞」 小保方さん、幻の命名案:朝日新聞デジタル

No tags for this post.

コメントを投稿するにはログインしている必要があります