太極拳の神気精

古式楊式太極拳では、神気精の一致を最も大切にしています。
「神」=しん、という森羅万象と繋がった純粋心を主体にして生きることは、後天の性の中心にある「自我」が原因の「心理的ストレスへの曝露」から遠ざかることになり、純粋心を主体に生き、その心がエネルギーを動かしその「気」により、種々な精神疾患に至ることのない脳機能と生理である「精」を維持することにもなります。これが、太極拳の「養生」の根幹にある「内丹」です。これが一致しているときは、最高の心身の感覚があります。
太極拳による内丹により、長寿を得ること、そして、「節節貫穿」という理論により、細胞の健康を維持するという経験科学が古くからありました。

心理的ストレスへの曝露や、種々の精神疾患の罹患により、テロメア長(TL)が異常に短縮することが知られている。また最近、複数の精神疾患におけるミトコンドリアDNAコピー数(mtDNAcn)の変化も報告されている。しかしTLやmtDNAcnの異常と、精神疾患の最も深刻な転帰の一つである自殺既遂との関連を調べた研究は未だ存在しない。そこで我々は、重篤な身体疾患に罹患していない528名の自殺既遂者検体(508名の死後末梢血及び20名の死後脳)と560名の対照者検体(535名の健常者末梢血及び25名の非自殺者死後脳)のTL・mtDNAcnを定量的PCR法にて測定し、解析を行なった。

情報源: 自殺既遂者におけるテロメア長とミトコンドリアDNAコピー数の異常 | おすすめのコンテンツ | Scientific Reports | Nature Research

No tags for this post.

コメントを残す