カレンダー

太極拳の練習日程などはこちらのカレンダーでご確認ください。

〓〓真の太極拳を学ぶ教本〓〓

taichi24bone600×900

太極拳クラス

夜間クラス

グループ内検索

カテゴリー

散手対打

転身擺蓮+海底針(転海)※解説1

甲:手揮琵琶・重心は後ろ脚。

乙:手揮琵琶・重心は後ろ脚。

甲:手揮琵琶を下げて、顔面への攻撃を誘う。
(手揮琵琶は套路を参照ください)

乙:右足を差し込んで、乙の顔面を狙って右冲拳

甲:転動の勢・左脚を引き寄せて右に転動・重心を右に移動

甲:転動の勢・左に転動を開始しながら、左腕で掤勢

乙:右冲拳を掤勢で遮られたため、左冲拳を甲の腹部の急所を狙って打ち始める。

甲:転動の勢・左に転動して重心は左足になりながら,腰腿を使用して右足を後ろに引き、掤勢から扌履勢を開始し乙の右腕をやや巻き込む,右手は円圏をもって,採勢(右外側から外に円を描いて上に上がり、腰腿に応じて内側に円を描きながら、乙の左冲拳を上から覆い被さるようにして下に押さえる)を開始する。
甲:右腕は乙の左腕を採勢で押さえ込み、左腕は乙の右腕を扌履勢で押さえて引き込み、重心を右足に移動を始める。

乙;甲の扌履勢と採勢により、右足に重心が移動される。

甲:左腕は乙の右腕を内側に巻き込みながら、自分の右側のやや後方へ扌履勢を働かせ、右腕は乙の左腕を採勢で押さえながら、自分の右側の外へ巻き込みながら扌履勢を働かせる。

乙:重心が双重となるところまで連れて行かれる。双重とは重心が右でもなく左でもなく中心でもなく,前や横後ろにあること。すなわち自分の重心が自分が制御できないところにかかるので双重という。

甲:左足に重心を移動し軸にして、右に転身を行いながら乙が体制が崩れたところから回復しようというところを狙って,乙の右腕を両腕でつかみ抱え込みながら、自分の右側の後ろ側へ巻き込む。

乙:重心が崩れた状態で右方向へ引き込まれ,右足に重臣が乗りながらそのまま、甲の右側の後ろ側へ引き込まれる。

甲:乙が引き込まれるところから回復しようと身を起こした力を利用して、乙の右腕を外側から上に円を描いて導着ながら、転身の勢をもって右足は左足を軸にして、右回転で後ろに円で移動する。この時乙の戻ろうとする力を利用して、その回転力に加える。

乙:回復しようとする力を利用されたので、不意に力が抜けたようになり、上半身が浮き上がる。浮勢となる。

甲:乙の腕を頭上にまで円圏で導き,乙を背勢にする。左足を軸にした転身は自分の肩と背を乙の脇の間を滑らせるようにしてくぐり抜ける。同時に右脚は右回転の勢いのまま転身に従いながら,乙の右足の膝裏を目指して回転を速める。
甲:乙の右足の膝裏を急速に自分の右足の裏側で当てる。同時に転身は右回りに身体を回転させて,左手は乙の右手を離さず乙の背中の中心側の後ろへ乙の右腕を導く、右腕は乙の背中の急所を狙う。

乙:背勢から円圏により、自分の背の後ろへ右腕を導かれ上半身は後ろへ、又、右足は甲の転身擺蓮によって,大きく前に移動させられるため、後頭部から後ろへ倒れ込み始める。

甲:右扌列拳で甲の腰の急所を打ち、腰を折り,その勢いで乙の右腕を乙の左側の背中へ円圏で導く、転身は身体を完全に乙と入れ替えてくぐり,その転身に合わせて右足をより、乙の右膝裏に食い込ませて、膝を折り始める。

乙:乙は後ろに倒れ込みながら、甲の右足に自分の右足がのせられ、底から上の身体は真っ逆さまに下へ落ち始める。その勢いに併せて,腰に扌列拳を受けて、上半身は後ろへと移動する。

甲:すかさず、打った右腕を乙の右腕に持って行って、左腕と共に採勢(海底針の採勢)で下に落とす。右足は転身擺蓮により,大きく自分の右へ円を描きながら、乙の右の膝裏を食い込ませて導く。
乙: 乙はそのまま上半身は下に引き込まれ、膝から下は大きく前に上に導かれ、下半身は前に大きく浮き上がり、後頭部は勢いよく地面に向かっていく。
甲:※ここからは危険なので、練習ではこのように右足をゆるめ、下に落とす採勢もゆるめなければいけない。甲はゆるめているので、乙を助けるような形になっている。

実戦の場合は、転身擺蓮をゆるめなければ、乙の右足は浮き上がり、海底針の採勢をゆるめなければ後頭部が真っ先に地面に向かう。下が柔らかい場所であっても危険である。このような練習をして、海底針と転身擺蓮は単練でしっかりとやることで、散手対打は完成する。

甲:散手対打による練習においては、このように両手でしっかりと乙の右腕を持ってあげて、自分の前へ滑り込ませるようにして、乙が頭を強く打たないようにして、乙が受け身が取れるようにしてあげることが大切である。
又、ここから、甲はこの勢を利用して,乙の右腕を両腕で導きながら、進歩栽捶などの採勢により地面に乙の身体を完全に固定することも出来る。すなわち擒拿術における採勢である。道場の練習ではけがの無いようにするため、このような練習方法で行う。

太極拳の用法は無数に有ると言っても過言ではありません。しかし、散手対打によって全ての用法を練習することが出来ます。その散手対打を身につけるには、まず散手単練として、乙がいると想像しながら、甲の勢を身につけることです。このような練習方法が研ぎ澄まされて套路ができあがったのです。最終的には套路に合致しますが、まず散手単練で勢が散手に含まれていることを知り、一つの型としてしっかり覚えることが大切です。この動きは、套路の勢と同じですので、日頃から套路をゆっくりと行う練習も必要です。又単練も最初はゆっくりとなめらかに円を描くように身につけてください。それから、私たちの散手対打に参加されると、より熟練されます。当会の会員の方で課程を修了された方は、各課程の散手対打はこちらから閲覧できます。
携帯電話やiPhoneでも閲覧できます。

第一課程修了者はこちらから→http://www.ohtaichi.com/c1/

第二課程修了者はこちらから→http://www.ohtaichi.com/c2/