本日の武道練習2015.8.16

①拳脚基本 進歩順捶拳-歩きながら順歩で捶拳を打つ(要訣)歩くように気楽に 進歩拗捶拳(拗歩で打つ)
進歩順捶拳脚-歩きながら順歩で捶拳を打ち、順踢脚 進歩拗捶拳脚(拗歩で打ち後足で踢脚)
②招式 相手の右進歩順捶拳を包球で受けて、続けて相手は左進歩順捶拳を包球で受けて、右攬雀尾や右斜飛式
③拳推手 相手の上歩連捶を左右倒攆猴で受け、次の我が上歩連捶を左右倒攆猴の繰りかえし
④拳推手から招式 上記拳推手から上歩三連捶を白鶴亮翅にて相手の後方に入り摔角
⑤拳推手から招式 上記拳推手から上歩三連捶を白鶴亮翅にて相手の腹前方に入り、左腕を腹に巻き付け左腰に抱える。(一切の力を用いず、白鶴亮翅だけで空気のように魔法のように抱える練習)そのまま左足を引き、相手の右足を下から上に上げ左眄して後頭部より地面に杭を打ち込むようにたたきつける。全体重を乗せる。※練習では補助しながら行う。(要訣)小腸経の経絡の気を途切れさせないで、相手の腰の帯脈に合流させる。親指側を内にして、小指の外側の勢に採勢を強く発しながら、坐勁を行うとふわっと持ち上がる。その勢いのまま左眄すると、後頭部から落ちる)
⑥招式 相手の右進歩順捶拳を、転身擺蓮背按(要訣)相手の右手に粘りながら転身し背後に入る
⑦招式対打 相手の右左の進歩連捶を左右倒攆猴(③の拳推手と同じ)右の倒攆猴の我の右手を翻し、相手の顔の前へ打ち出し、玉女穿梭にて相手の左脇腹急所を打つ。(要訣=相手を我の後方に走らせ、相手の目の前に掌を流し虚を誘ったと同時に打つ、穿梭の用法を行う。虚に放つカウンターとなる)※防具を着けて行う。
⑧招式 相手の左順捶に対して、進歩掌打で腹部に気を逸らしたと同時に、相手の左腕から巻き込むように彎弓射虎による右掌打を相手の太陽穴に打つ。(要訣=腹部への掌打で気を逸らすのとほぼ同時に彎弓射虎の掌打を打つ。快拳にて行うと、同時にしか見えないが、呼吸の始まり程度の間がある)※防具を着けて行う。(古式・纏手八卦掌)
⑨科目招式 起勢 起勢捶 起勢脚 転動手刀拳 ※防具を着けて行う。套路の起勢〜転動右顧 手刀拳の代わりに掤拳も可。(古式)
⑩招式 相手の右推を外から受けて、屈臂圧肘(そのまま摔角や、擒拿による固定も可)相手の体を、沈ませたところに、擺蓮盤肘で相手の左太陽穴に肘撃(同時に金鶏独立による左膝撃から左眄摔角など)
⑪招式 相手の右捶を内から受けて、如封似閉、摔角後、転身背圧栽肘(進歩栽捶)

(詳細は下記)

■詳細及び記録動画

※本日の練習の相対招式の技術を詳細に記載しています。要訣など、随時加筆していきます。

■記録動画

武道クラスのみ、下記より動画が閲覧できます。認証を求められたらIDとパスワードを入力。

20150816_1記録
20150816_2記録

本日の武道練習2015.8.9

①散手(運用)

②散手(招式)対打 検査

③太極整体(頸椎調整)白鶴亮翅

④拳脚 採右靠 回右靠

⑤招式 両手で上から掴んできた相手に双分蹬脚。双分蹬脚を指襠捶。

⑥招式 分脚に対する。側行脚 退歩脚

⑦大扌履

以上、記録動画参照。

⑧招式 座っているところを両手を、相手の両手で引っ張られた場合。右抜手左擒拿・後伏虎栽法

(詳細は下記)

■詳細及び記録動画

※本日の練習の相対招式の技術を詳細に記載しています。要訣など、随時加筆していきます。

■記録動画

武道クラスのみ、下記より動画が閲覧できます。認証を求められたらIDとパスワードを入力。

20150809記録

本日の武道練習2015.7.26

①散手(招式)対打 詳細練習 第83式から第88式まで
②招式練功 6右打虎に対する7打左肘(双分して右打虎を我の左腕で受け、野馬分鬃の勢で打左肘を打つ練習)
③招式練功 8右推に対する9左劈身捶(右推を腰腿を使って左後方に走らせ、撇身捶の勢にて左劈身捶を打つ練習)
④招式練功 21上歩左靠に対する22転身按(上歩左靠を随勁にて受け、後ろ体重になったところで相手の靠勁を尽きさせ、その虚を利用して、右足を左に移し、相手の右側に我の身体を写し、即座に右顧して左足を進め双按を放つ練習。相手の勢いに随い相手を走らせ、即座に粘りつき、相手に水の表面張力のように沾り付く練習)
⑤拳脚招式 双分蹬脚 相手が両手で自分の首などを前から絞めようとしてきたり、抱きついてきた場合、その両手を双分して蹬脚を放つ。双分の勢いによって無理な力を使わず強烈な蹬脚の発勁が行える練習をする)
⑥招式練功 23双分蹬脚に対する24指襠捶(双分蹬脚を収勢にて無力にする練習。同時に左へ身体を開いて蹬脚の勁道から逃れると、右手が自然と相手の胯間に向くということを実際に体験する。そのまま指襠捶が打てるのは套路と同じである。)
⑦招式練功 26白鶴亮翅に対する27左靠(白鶴亮翅による蹬脚を右に身体を開いて避けると同時に、白鶴亮翅によって開かれた両腕を下に沈めると、蹬脚の勢いは無くなる。その落とした右手でその白鶴亮翅の左蹬脚を内側から外に払うと同時に、園生とした左腕は白鶴亮翅の右腕を胸へ屈して潰すと同時に、左足を白鶴亮翅の背後に進めその潰したところに左靠を打つ。これらの三つの勢いが一致して発勁する練習と、右腕を胸へ屈して潰す暗勁の感覚を体験する。
⑧招式練功 39化推に対する40化打右肘(化推が我の内に入ってくる勢いを化勁を使って我の胸前まで運び込む練習。そこに虚を作ると瞬時に架肘を打つ。野馬分鬃の抱掌から靠勁に変化するときの無極勢)
⑨招式練功 47双分靠に対する48転身左靠(双分靠を後ろに逃れながら、我の左腕は双分靠の右腕に上から中心に円を描きながら粘りつき、双分靠の右腕を相手の胸へ潜り込ませていくように、我の左腕はそれに沾り付きながら、相手の体の内にめり込んでいくように左靠が発せられる感覚を練習する。)
⑩招式練功 50転身金鶏独立に対する51退歩化(収勢の勢の按化による金鶏独立の無力化)
⑪招式練功 52蹬脚に対する53転身上歩靠(蹬脚を右に開いて避けると同時に雲手勢にてその足を掬う練習。同時に左足を進め靠勁を打つ)

以上の要訣(全て、本気で発勁を放っていくことによって、対錬は双方によって練功される。その本気のところで、始めて無理な力を使用しないで、まるでテコのような軽い力で、綿が触れるような柔らかさで、球体が滑り合うような心地よさを経験できる。その感覚を多く得ることを稽古とする)

8月2日(日)の練習はありません。

■詳細

※本日の練習の相対招式の技術を詳細に記載しています。要訣など、随時加筆していきます。

本日の武道練習2015.7.19

IMG_1067①擒拿 虎咬反挙(ここうはんきょ)我の右手で、相手の左手の掌側から掴み、金鶏独立の勢により反挙にてつり上げる。経絡を大腸経から心経・小腸経へと変化する勢いの左眄。相手の手が大きくてつかめない場合は、双手虎咬反挙に変化する。相手の左手の背側から掴む場合もある。(裏)経絡が逆に連絡する。
②招式対打(甲乙)
1/甲が左拳で乙の太陽穴を打ってきた場合、乙の左腕にて甲の左手を採勢にて沈め、同時に右足が擺歩に手前に進歩して右拳で甲の太陽穴を打つ。(単鞭の勢)
2/甲は我の左手を紬糸掌にて抜いたと同時に、a.「その腕で乙の右捶を掤勢にて打ち上げる。」b.「同時に甲は右足を進歩させ、扇通背にて乙の心窩を打つ。」
3/乙は、甲の心窩への打撃を抜かれた左手にて、下按で防御する。同時に甲はその下按の勢いを右下方に化して、a.[
「腰腿を発生させ右足を乙の右足後ろに置き、腰腿を戻す勢いにて、乙の人中などに拳又は掌を打つか、挒を乙の頸部などに放つ。同時に右足は後ろへ腰腿を戻す勢いで進み、乙は仰向けに倒れる。頸部に虎口掌を打った場合は、そのまま進歩栽捶にて地面に相手の頸を打ち付けることもできる。」
(実践応用)上記の3において、乙が明らかに心窩を防御する気が起こっている場合、そこへ狙う2.bは実戦的では無い。そこを狙う気を発し、そこを守らせながら(凌空勁)甲は、3.aを発生させて攻撃する。(要訣)2.aの虚の時の蓄勁と同時に、放鬆にて相手の気を聴勁するだけの余裕が必要である。即ち残心と構えの融合である。
(3.aの各種変化)
内靠勁・同じく腰腿を発生させ、右足を相手の股に進め、両手で相手の腕を双分して、右肩の内にて靠勁を打つ。この場合は発勁が十分に行われれば相手は防御が難しい。
しかし、右肩の外靠勁が容易であるので、外靠勁を放った場合は、相手は合経(経絡が全て縦の線で近寄っている)であるため、その経絡を開く(開経=経絡が全て縦の線で広がる)勢いで、左眄勢を起こすと、相手の靠勁は我の前部正中に纏わり付きながら、左後方へ走り流れる、そのまま右腕で相手の左肩を後方に押せば相手は後方に投げ出される。同時に左足を出して相手の脚を引っかけ、そのまま右足を進め相手の頸部に虎口掌を打ち、そのまま進歩栽捶にて地面に相手の頸を打ち付けることもできる。このように、相手が合経の場合は内に入り込む靠勁を打つと、それを開かれるだけで解法とされる、この感覚を練習した。内靠勁は、相手を粘勁で開経にしてから靠勁を放つ。(白鶴亮翅の両手の勢いは粘勁による双分と言う発勁である。これを練習した)この場合でも、白鶴亮翅の双分ができて折らず、相手が開経に至っていない場合は、相手の勢は生きており、逆に制される。従って、発勁は套路によって十分に成されるように練習すること。
(内靠勁・相手の背が低い場合、又は十分に双分ができないとき)
即座に変化し、双分にて相手の手は上部のままにして、腰を落として相手の胴を抱き込むように相手の関元穴へ内靠勁を打ち込む。七分靠=ラグビーのタックルの練習。要訣は頸を立てないこと。(解法)ラグビーの場合はボールを持っていることが多いので効果的であるが、太極嫌の解法は双分された両腕を相手の勢に合わせ従い、そのまま円転して相手の七分靠の勢いを借りて閉じていく勢いにて相手の頸に巻き付く、自然と巻き付くので、そのまま我の右腰にある相手の頸に巻き付き、そのまま白鶴亮翅を行うと、相手の右頸は鎖喉となり一緒に飛ばされても相手のダメージの方が大きい。この場合七分靠を放鬆にて完全に吸収する練習が必要である。しかし放鬆ができればいとも簡単に、相手の頸に自然に右手が巻き付き、飛ばされながらでも白鶴亮翅を行う事ができれば、こちらのダメージも少しはあるが、相手の頸には強い衝撃が加わり、そのまま相手の頭部が地面に打ち付けられるか、相手の勢いをそのまま使い逆さまに抱え上げるかたちとなり後方へ投げ飛ばし、相手の背面を地面へ叩き付ける、プロレス技のブレーンバスターのようになる。「身前鎖喉後摔」

③拳脚練習 靠肘挒を防具に打ち込み、その発勁の性質の違いを経験する。肘周辺だけで靠肘挒を打つ練習で、靠肘挒の妙技を会得する。

以上防具を着用して行った。手足や手順の詳細は下記に記載。

専門教学(太極剣)
復習 1起勢〜22・風捲荷葉(動画は前回の記事で) 詳細練習23 獅子揺頭〜25野馬跳澗(動画は下記)

<

■詳細及び太極剣動画

※本日の練習の相対招式の技術を詳細に記載しています。要訣など、随時加筆していきます。

■記録動画

武道クラスのみ、下記より動画が閲覧できます。認証を求められたらIDとパスワードを入力。

23 獅子揺頭〜25野馬跳澗

本日の武道練習2015.7.12

①拳脚基本 拗掌打(定から拗) 順掌打(拗から定) 紬糸勁と纏糸勁(蓄勁と発勁)
②拳脚応用 (復習)紬糸冲拳
③攻防基本 虚実(蓄発)(攻防)相手は右捶で我が右胸(又は顔面)をついてくる。我は右腕で搬帯穿掌にて、相手の喉仏の下を虎口で打つ。(解法)顎を引き、腹の前でした十字手をして蓄勁、そこから下十字手を相手の両前の脇腹急所に打つ。「引顎下十字から進歩十字手」(搬帯穿掌の解法に対する解法)その解法に対し、即座に相手の天突穴に労宮穴を当てるように坐腕掌を放つ。相手が腰から力が抜けて崩れるような発勁感覚を練習する。同時に相手の金的に左分脚を蹴り込む。
④招式 ③の基本攻防の応用 相手は右捶で我が右胸(又は顔面)をついてくる。我は右腕で搬帯穿掌にて、相手の喉仏の下を虎口で打つが、攻撃側の虚実の間が乱れたとき、防御側は即座に扌履勢にて右側に走らせ(走勁)ながら蓄勁、すぐに相手の腹部急所に上歩攔掌を打つ。
⑤招式 相手が我が頸を背後鎖喉(右手が前)で後ろから絞める。1/背後鎖喉の相手の右手を我の左手で掴む、2/同時に我の右腕肘を相手の右腕の肘に合わせる、3/同時に右顧勢にて我の身体を右に回す、2を締めて支点にして、1を右外に押すのを力点にして、3の右顧勢にてそれを補助するのを同時に行う。次に攀掛折枝(はんけいせっし)にて相手の腕を擒拿にて痛め、相手を仰向けに倒す。
⑥散手(招式)対打 詳細練習 第71式から第82式まで

専門教学(太極剣)

復習 1起勢〜19・懐中抱月 詳細練習 20・送鳥上林〜22・風捲荷葉
(動画は下記)1・起勢〜9・黄蜂入洞/5・大魁星〜7・左右攔掃/7・左右攔掃〜16・左旋風/17・等魚式〜19・懐中抱月/20・送鳥上林〜22・風捲荷葉

■詳細及び太極剣動画

※本日の練習の相対招式の技術を詳細に記載しています。要訣など、随時加筆していきます。

■記録動画

武道クラスのみ、下記より動画が閲覧できます。認証を求められたらIDとパスワードを入力。

1・起勢〜9・黄蜂入洞
5・大魁星〜7・左右攔掃
7・左右攔掃〜16・左旋風
17・等魚式〜19・懐中抱月
20・送鳥上林〜22・風捲荷葉

本日の武道練習2015.7.5

①前後連続滚転(こんてん)・前に転がり、すぐに後ろに転がる繰りかえしで、腰腿を鍛錬
②招式 相手に後ろから左手で我の右手を捕まれて、相手の右手で我の顔面を打ってきた場合。右に後ろ交歩して「我の右肘で相手の顔面を打ち(架肘)、我の左手で相手の右手を受ける」(雲手架肘)かちゅうした我の右手はそのまま伸び、相手の頸に挒を放ち、そのまま背面鎖喉(白鶴亮翅)から、相手の頭部を纏ってから、相手の顔面を上から下に落とす。(雲手落頭)「摔角」※背面鎖喉で終わっても良い。(詳細は下記)
③招式対打 我の顔面への相手の右捶を左抱掌で受け、相手の頸へ我の左腕で挒、それを相手は左手で受けて掴む、我は摟膝拗歩の勢で相手の顔面に掌打を打つ。相手が左腕をあげてそれを避けようとすれば、その左腕を上から我の右手で打ち、同時にその勢いで我の左手を相手の右手から抜き、右足を進め、左掌撃を相手の顔面に放つ。相手はそれを右手で避ければ、我の右肘で相手の顔面に盤肘を打つ、相手がそれを左手で避ければ、その手を伸ばし(長勁)相手の右頸部に打ち込みそのまま、そのまま背面鎖喉(白鶴亮翅)から、相手の頭部を纏ってから、相手の顔面を上から下に落とす。(雲手落頭)「摔角」※背面鎖喉で終わっても良い。(詳細は下記)
④招式 相手が左手で我の右手を掴んで引っ張れば、肘底看捶の勢により、相手を右に崩してそのまま投げる。「肘底摔」握った腕はそのままにして、相手を地面に打ち倒して反転させうつぶせにした上で、下勢栽臂(かせいさいひ)で相手を地面に固定し、腕を折る。
(変化)相手が馬歩で投げられるのを拒んだ場合、相手の左腕の肘を我の肘底捶により、相手の前脇腹急所へ打ち込み、肘底纏腕に擒拿で相手の手首を痛めながら、「肘底摔」で投げて、後は「肘底摔」と同じ。
(解法)「肘底摔」には馬歩、「肘底纏腕」には左腕を紬糸抜手にて右上方に抜きあげ、その紬糸勁の蓄勁にて我の右拳を纏糸勁にて相手の心窩に打ち出す。(纏糸冲拳)
(擒拿)我の右手で相手の右腕、我の左手労宮で相手の承漿穴に抑えて相手の頸と腕を撅する。「背後白鶴撅』(白鶴亮翅の勢)

■詳細

※本日の練習の相対招式の技術を詳細に記載しています。要訣など、随時加筆していきます。

本日の武道練習2015.6.28

①招式 我の右手で相手の左手五指を掴んで、左方に掤勢で体勢を崩し、そのまま、右顧して扌履勢にて相手を左後方に投げる(摔角)又は、撅する。(擒拿) 仕掛け(詳細は下記に) 「掤扌履摔」 「掤扌履撅」
②招式 我の右手の虎口にて、相手の右肘を前から尖掌(虎口掌)にて前方へ突き上げ、左手の掃掌にて、相手の右手を相手の夾脊へ向かわせ、金鶏独立にて我の左手を上昇させ、我の右手は相手の右肩を下に押さえて固める。(擒拿)「掃掌十字栽」又は右方へ投げる「掃掌十字摔」、相手の肘が伸びた場合、我の前部正中線にて固める。「掃掌交差栽」又は右方へ投げる「掃掌交差摔」

③招式 相手が我の腹部に左靠を行ってきた場合、左後方に化し、相手の左腕を抱き込み撅する。撅左臂(擒拿)(詳細は下記に)
④解法 撅左臂の解法(後方へ)(詳細は下記に)
⑧招式 撅左臂の解法を防ぐ変化。我の右腕を相手の左腕へ巻き込み抱き込んで、倒攆猴の勢で撅する。「懐中抱木」擒拿(詳細は下記に)
⑥解法 懐中抱木の解法(前方へ)(詳細は下記に)

⑦散手(招式)対打

詳細練習 第55式から第71式まで

■詳細

※本日の練習の相対招式の技術を詳細に記載しています。要訣など、随時加筆していきます。

本日の武道練習2015.6.21

①招式 相手が我の左腰を回し蹴りで蹴ってきた場合の攻防 外雲手分脚
相手の右回し蹴りを、外雲手の十字勁で挟み受け、同時に相手の金的などに分脚を蹴り込む。(詳細は下記に)
②招式 相手が我の顔面に右捶に続けて左捶を打って来たときの攻防
雲手絞臂摔(摔角) 雲手にて左捶を我の左手で受け回し、同時に右捶を我の右手で受け、相手の左腕に相手の右腕を締め付けて左方に投げる。(詳細は下記に)

③散手(招式)対打

復習 第1式から第43式まで

詳細練習 第44式から第54式まで

■詳細

※本日の練習の相対招式の技術を詳細に記載しています。要訣など、随時加筆していきます。

本日の武道練習2015.6.7

①二連捶 練習
②運用法:背面から相手が右拳で我の右顔面を圏捶で打ってきたときの攻防。搬盤肘転身摔
その他転身摔各種 相手の右捶を左搬で受けて、左転身他
③運用法:背面から腰を引っ張られた場合の攻防。右手又は左手で引っ張られる。
抱虎帰山各種
④運用法:前から首を絞められる場合の攻防。外から閉められる場合。双鍬下按頭撃・双鍬
下按膝撃※鍬形手(しょうけいしゅ)双峯貫耳
真っ直ぐに閉められる場合、双掤下按頭撃・双掤下按膝撃(起勢収勢)
⑤招式:我の右手を相手の左手で横から捕まれ、前へ連行される場合の攻防。湘子挎蘭(しょうしこらん)湘子
という仙人が蘭を折る様から名付けられた有名な擒拿術。応用:我が長椅子に座っていて、左隣の相手から、我の左膝に置いていた我の左手を、相手の右手で上からかぶせて掴んできた場合。
⑥運用法:相手が後ろから我の髪の毛を掴み引き倒してきた場合の攻防。下歩下勢摔
⑦運用法:相手が前から髪の毛を掴み、膝蹴りを我の顔面に当てようと前方下に押し下げてきた場合。海底針膝撃
⑧運用法:相手が我に右圏捶を振ってきた場合。扇通背
⑨運用法:相手が我の右手を引っ張り、右拳で打とうとした場合。扇通背射虎(拳脚)扇通背撅腕(擒拿)
⑩運用法:相手が右腕で背後から我の首を絞めてきた場合。左眄海底針摔(摔角)左眄右顧撅(擒拿)各種
⑪運用法:相手が右斜分脚を我の腰にめがけて蹴ってきた場合。雲手分脚(金的鑚脚)
⑫運用法:ハイキックに対する攻防。金鶏分脚・鑚勁踢脚(金的・顎に対する鑚脚)
⑬運用法:相手が我の胸ぐらをひねりあげてきた場合。左眄海底針摔
⑭運用法:相手が我の胸ぐらを掴んで押す又は引いてきた場合。拳心が上又は下を向いている場合。十字分脚
虎口が上を向いている場合。倒攆猴撅腕
⑮運用法:相手が左手で我の右手を掴んで右手で攻撃しようとした場合。海底針圧腕(擒拿)から鎮座金鶏独立(解法)海底針圧腕が流れた場合、扌履勢圧腕
⑯運用法:相手が二連捶を打ってきた場合・手揮琵琶
⑰運用法:相手が右捶を打ってきた場合・攔捶
※以上:攻撃だけを想定し、自由に運用する運用法各種練習

■詳細

※本日の練習の相対招式の技術を詳細に記載しています。要訣など、随時加筆していきます。