太極拳の内丹勢法 #4 按勢

坐道

開合勢と上下昇降勢の違い

開合は膨張と収斂 上下昇降は立身中正の上下昇降に応じて生じる

按勢

昇按の実験(擠勢の終了時の無極勢から発せられる昇勢)

相手の左手首を持って、相手の左上腕を托掌で昇勢を発すると、相手の体は浮き上がりつま先立ちになる。

■招式 托柱架樑 倒攆猴の勢を使う場合も、按勢を使用する場合も、同じ昇勢が発せられる。

開合勢と上下昇降勢の違いの実験

相手に右拳で打ち込んでもらう それを掤勢で受ける、または昇按で受ける

この双方を行っておくと、この複合、又は単独で、相手の動きに応じて無為自然に発勁される。

起勢を行ってみる。

起勢は、腎から衝脈を通じて勢が起こると同時に膨張性が生まれ、小周天により丹田から会陰、督脈を通じて勢が起こると同時に昇勢が起こるので、これも複合勢である。

攬雀尾の按勢は、純粋に昇勢による按勢を思い出す練習をするための盤架子

浮くことの過ちを説明(ふわふわしているにすぎない) 昇勢は軽(自然な軽やかさ)を按勢で経験

■散手対打による、内丹勢法

首を絞めてくる相手の両手を昇按にて打ち上げる/それを相手は昇按から上勢にて即座にその軽さを偏らせる(偏軽)と、そのまま相手は後方に反り返る。

■昇按から降按(圧掌) 一般的な寝ている人に対しての按摩の按である。

降按は沈である。決して重になってはならない。重くなると動かなくなる。

反り返る寸前に均衡反射が生まれ、降按が自然と沈むように生まれる。そうすると、相手は動けなくなる。

これも散手対打でやってみる。

■降按から下按

続けて、相手は動けなくなる前に両手を翻して、こちらを下方に深く沈めると下方に深く沈んでしまう。(偏沈)その偏沈になる前に、均衡反射が生まれ、後方に按勢(下按)が発せられると、相手は前につんのめり、こちらはカウンターとしての内靠勁や、頭を出しておくと頭撃を放つことができる。

扌履勢との違い 扌履勢は引進落空であり、無極勢をニュートラルとして陰陽が入れ替わる。下按は後方への按勢が発せられ、その均衡反射により前方に対して勢いが発せられる。これが、次の上按となる。

32(補足)相手を後ろに立たせて、後ろに対する按勢を後ろ向きで行ってみる。

■下按から上按

相手がこちらの両手を上から掴み下に深く沈めようとしたとき、その両手を後方に押し流すのには、龍脈を通る必要がある。

そうではなく、深く沈められてしまうと、どうするかをここで補足で行う。

■即座に立禅になり、勢を立身中正に戻すと、下にこれ以上沈めることができなくなる。その時、即座に、進歩栽捶の勢を使用して、古木撃地(進歩栽捶の勢)を行うと、手が抜ける。

(注意)相手は強く握るのではなく、(偏沈)即ち、下方に深く沈める勢いのみを発する。

握られたときは、それ相応の解法を行う。

特に、両手で肘を張って強く握られたときは、相手の両手の内側に肘を入れて、倒攆猴の天秤勢により抜く。(■招式 水車旋転)

■水車旋転を使う場合は、両手で握るものが、中正を保っているかどうかによる。それ以外は、その方向へ随連する。

(中正の練習)

■両手で握るものの、背後に移動できるようであれば、両手で握るものは中正が保たれていないということを二人で経験する。

(重要)按勢は、この中正の勢がいつも自分と共にある。その中正と共に上下昇降に勢いが移動するのが按勢である。

これにて按勢が完成、全員でやってみる。

相手に右手を中正で握ってもらい、(実は中正で握り続けることが最も良い練習になる)その中正を、昇按、降按、下按、上按と行って、相手がまるで波のように動けば、これが按勢である。そのどこでも発勁を出して相手を投げ飛ばしたり浮かせたり、沈めたり、後方に飛ばしたりできる。これを二人で気持ちよく行う。

中正で握る方も、按勢を行う方もとてもまろやかで、かつ強力な粘りがあり、体全体が按摩されているような感覚となる。

(注意点)中正で握るものは、そこそこの圧力をかけて行い、その圧力を絶えず維持する

按勢の時、絶えずその圧力のような中正は、自分の上下昇降の勢と共に移動する。套路で行う場合、相手がいないが、この中正は自分の中にいるもう一人の自分がいつも発してくれるのを知る。これが均衡反射であり、言うなれば太極の原理である。

■最後に、下按にて後方に向いた按を、より相手によって進められたら、こちらは後方に倒れる。ところが、均衡反射により龍脈をとらえ、やや上方に円を描くともうそれ以上相手は後ろに押せないばかりか、その場で動けなくなり、その均衡反射の勢により、上勢を以て双按を打ち出して相手を前方に飛ばす。

 

20190912

 

このコンテンツはサイトメンバーに限定されています。 あなたが既存のユーザであれば、ログインしてください。新しいユーザは以下のように無料で登録することができます。

既存ユーザのログイン

CAPTCHA


ten − one =

   
新規ユーザー登録
*必須項目
No tags for this post.