線維筋痛症の症状の改善に太極拳が有効

原因は不明で、特効薬はまだない線維筋痛症の症状の改善に太極拳が有効という論文が、ニューイングランド医学誌に8月に掲載されました。

この論文を受けて、医師が処方箋に「太極拳」と書くのは時期尚早としながらも、線維筋痛症の患者が太極拳のような運動に関心を示すのをサポートするのは理にかなっていると評価しています。

この研究は、米国立補完代替療法センターなどの助成で行われました。日本でも、太極拳のような民間療法を評価するしっかりした研究が始まるきっかけになればいいと思います。

さて、線維筋痛症は全身の強い痛みを主な症状とする慢性の病気です。

この米国の一大学病院で行われた、病気研究は平均約50歳の、病気にかかっている期間は平均11年だった維筋痛症の患者66人を対象としました。

まず、くじ引きで33人を太極拳グループとして、1人の指導者によって1回60分、週2回のレッスンを12週間続けました。自宅でも毎日20分以上の套路練習をするように指導して実戦させました。

それと、同じくくじ引きで33人を比較グループとして、線維筋痛症についての健康教育40分と、太極拳ではなくストレッチ20分からなる1回60分の指導を太極拳グループと同じく週2回のストレッチを12週間続けました。もちろん、自宅でも毎日20分のストレッチをするよう指導しました。

その結果、比較グループには、痛み、身体機能、倦怠感、うつ、不安などの線維筋痛症の症状の検査(100点満点、点数が高い方が症状が強い)で臨床的に有意義な改善(8.1点以上の低下)を示した割合は、12週後の時点で、太極拳グループが78.8%と、比較グループの39.4%を大きく引き離しました。24週後でも太極拳グループ(81.8%)は比較グループ(51.5%)より大きな改善がありました。

又、太極拳による有害作用はありませんでしたので、今後もさらに大規模で長期間の研究も考えているようです。

コメントを残す