24式が出来るのですが、役に立ちますか?

楊式には套路以外に多くの型があります。85式や340式(一般的ではありません)などと言うとてつもないものまであります。

独立分鞭

24式にも過渡式という動きが実は含まれているのですが、最近の制定太極拳では省かれています。

日本で太極拳の普及を始めようとした有名な太極拳の指導者は、真の太極拳の使い手で、過渡式を出来るだけ省くことなく套路を教えたかったようですが、日本で太極拳を普及させるには仕方が無く健康太極拳と名付けて、彼が知っている本当の太極拳とは区別して安全な太極拳の普及を始めたと聞いています。今は、制定太極拳とあまり変わりません。
楊式の太極拳となると、武当派などを遡ると本当の楊式に出会えます。
健康面でも道教の内丹術や吐納法を太極拳の中に練り込んでいますし、套路では実際の武道としての動きを套路として行うので、健康だけではなく、あらゆる生命力を呼び起こしてくれるものです。生命エネルギーと言える気もその一つでしょう。
ある程度套路が出来るのであれば、ぜひ、過渡式や24式以外の型も挑戦してみてください。
24式の理が理解できているのであれば、さほど難しくはありません。また、24式も本来の動きが美しくできるようになるはずです。