斜飛に対する金鶏檸臂(斜飛式・大扌履・金鶏独立)及び太極整体

2016/6/5武道クラス
20160605_2相手が斜飛式の勢で我を右方向に崩してくる。(ここで想定される相手の攻撃は、横腹の急所への拳撃、または、反転して扛反臂(一柱頂天)や摔角などを行ってくる。※相手の攻撃は省略
相手の斜飛勢に、随沾引走化粘連による大扌履にて右顧して、金鶏独立による発勁にて金鶏檸臂(擒拿術)

金鶏独立の十字勁(上下に身前の站椿を滑らせる勢い)と、裏勁(身中に巻き込む勢い)を修練する。

完成した十字勁を維持する(擒拿術)と、我の体は解放され自由自在に動く。金鶏独立の十字勁を維持していれば、相手を盾にしたり、右手左手を変えて、衆敵に対応することができる。

「動画」抜粋版(YouTube)

フルバージョンは下記の■詳細及び記録動画から観ることができます。門下のみ(要申請:未申請の場合はクラス指導者に申請してください。)

(詳細は下記)

■詳細及び記録動画

※本日の練習の相対招式の技術を詳細に記載しています。要訣など、随時加筆していきます。

■記録動画

武道クラスのみ、下記より動画が閲覧できます。認証を求められたらIDとパスワードを入力。

斜飛に対する金鶏檸臂(斜飛式・大扌履・金鶏独立)及び太極整体

白鶴亮翅 肩こり・四十肩・五十肩を直す 太極整体

太極拳は、套路自体が自力整体ですが、特に肩こり・四十肩・五十肩などに有効な型が「白鶴亮翅」です。

IMG_0070IMG_0071IMG_0072

この白鶴亮翅を椅子に座ったまま、上半身だけでも、仕事の合間などに行います。上半身だけを亮翅といい、八段錦で有名な坐道(太極拳の座禅)の養生術でもあります。

パソコンなどのデスクワークは背中の両肩甲骨の幅が広がり、おなか側の胸骨が狭まる猫背に固定されます。白鶴亮翅の型のとおり、息を大きく吐きながら鳥が羽を広げるように、片方の手は外側頭上に手の平が外側に向くようにして、片方の手は外側腰の下方に手の平が下に向くようにして、肩甲骨同士をくっつけるようにしていきます。その次に、息をゆっくり吸いながら体をゆるめ、右手を上手のひらを下にしてボールを抱えるようにしてください。次は左右対象にします。これを何度か繰り返してみましょう。胸骨と肩甲骨の開閉運動だけでなく、肩甲骨の紡錘円運動により、だんだんと肩が動く範坐道亮翅囲も広がっていくはずです。

立って行う白鶴亮翅は、下半身も使って動きますので、肩を重点的に行いたい場合は、できれば座って行う坐道の亮翅がオススメです。
太極整体では、立たせて後ろから、この掛ける側も掛ける側も白鶴亮翅の形になるように擒拿術で固めながら、鳥の羽を開合するようにして行います。