斜分脚に対する転身による技撃術

2016/6/19武道クラス
20160619_1①分脚の各種示意で行った整体の成果を確認。その分脚を使用して、相手の腹部前急所への斜分脚(斜踢脚)を練習。
腹部前側の経穴は入り口が小さいため、靴を履いている場合は靴先で蹴り込む。靴の中は前足底を出した蹴り方(踢脚)になる。通常は我の左脇腹に対する、相手の右斜踢脚に対して、左顧勢において套路と反対回りの外雲手で蹴りを受ける。相手の右回し蹴り(斜踢脚)を、外雲手の十字勁で挟み受け、同時に相手の金的などに分脚を蹴り込む。相手の蹴りの勢が我の身体の内側に斜めに走るので、それに随勢で随った左顧勢により、歩法は歇歩で、我の急所の有る身体を満から空にする。相手の我が身の満たされた場所に爆発する蹴りの発勁は、相手の勢を走らせたことによりここで消滅する。我が身を空にしてそこで爆発させる技術は、分虚実の勢であり、陰陽転換の術である。これは、主に進歩搬攔捶の前過渡式の歇歩で稽古する。
A/我の走勢で消滅した、相手の蹴りはその場所で浮くのでそれに同時に沾勢で貼り付きながら、外雲手の勢で我の右臂を下から、我の右臂を上から粘勢で粘らせ、相手の右足を我の両臂で十時に挟み込むような連勢により沖和して、左眄勢の発勁により相手の蹴りの勢を我の後方へ化勢で転化すると相手の足は伸びたまま、背勢となる。この時の発勁は雲手の十字勁である。
②その十字勁の環流勁は右臂の上勢による相手の頸動脈洞への臂刀拳の発勁や、金的への分脚の発勁などになる。以上まで今回示範だけにした。
③今回は、その勢いを転身勢(転身擺蓮)に使用する。以上①と同じだが、相手の右斜踢脚に随勢で随った左顧勢を伸ばしていく長勢の最初を化勢に使用し、そのまま途切れずに転身する。転身の際に、我の右臂は雲手によって上から抑えた粘勢により粘っているのを、そのまま相手の足を腰に抱き込むように使用し、右足を左回りに転身して、左足を相手の方に転身しながら進め背勢の相手の円圏に入り、相手の顎の急所への架肘(※武当派の古い套路の第四式にある翻身架肘と同じ)、または心窩への盤肘、または行きすぎて相手の頸を後ろから臂鎌刀挒で引っかけて、前へ投げたり、左手を俯掌や仰掌に変化して頸を掴んだり、虎口掌を頸の前の急所に打ち込んだり、鼻の頭の急所などに打ち込んだり、間合いが近ければ体全体で体当たりする靠勁が有効である。これらは左眄の慣性を利用した遠心力から転身する長勁であり、連続した回転に重心が全て乗る巧勁となる。
④高度な技術としては、相手の蹴りの勢いを借りて遠心力に加える借勁もある。(套路の時に転身擺蓮の前過渡式にある勢い)

■詳細及び記録動画

※本日の練習の相対招式の技術を詳細に記載しています。要訣など、随時加筆していきます。

■記録動画

武道クラスのみ、下記より動画が閲覧できます。
最近の武道クラスの動画を掲載しています。(掲載期間約1〜2ヶ月)

動画の配信方法が変わりました。YouTubeで非公開で配信しています。

動画の閲覧の方法は下記のとおりです。

①閲覧するには、事前にYouTubeのアカウントを作成し(無料)、ログイン用のメールアドレスを下記メールアドレスまで知らせて下さい。(武道クラス生のみ)

master@ohtaichi.com

②閲覧が可能になればメールで知らせますので、閲覧して下さい。

その後は、登録済みアカウントからログイン後、下記のリンクから閲覧が可能です。(この動画は再生できませんとなる場合は、申請済みのgoogleのアカウントでログインしていることを確認後、それでも再生できない場合は、上記メールアドレスまで連絡を下さい)

https://www.youtube.com/user/ohtaichi

撇身捶は太極拳の拳脚攻防の単練の宝庫です。

この撇身捶を招式という一つの技に分割すると、さっと50ぐらいはあげることができます。

85式の套路には撇身捶が数回出てきますが、その撇身捶を全て違う招式や用法を想定して練習するのが最も太極拳を使えるようになるための効果的な套路練習です。

武当派の流れをくむ王流は実戦的な徒手武術です。その套路にある撇身捶は基本勢のみを練り上げる基本式です。

王流にはその撇身捶の基本勢をもって行う多くの招式があります。主に拳脚による攻防が中心です。もちろん把式も多くあります。

撇身捶は、その後の進歩搬攔捶につながっていき、合法となったり、撇身捶の進歩が分脚となったり、円圏を使用した防御と攻撃になったりと多種多様です。

例えば、進歩栽捶からの撇身捶などは、もともとは二段蹴り(二起脚)などの飛び技を行う前の過渡式として招式で練習していました。しかし、套路であるので、その勢は同じですので、撇身捶で良いのです。

この場合は、その後の進歩搬攔捶と右蹬脚が二段蹴りとなっているのです。

王流では、このように撇身捶は拳脚の基本練習の時に基本性の練習としてよく取り上げます。

撇身捶の撇身自体は後ろからの攻撃などに使う体裁きですが、撇身しないで過渡式を重視して練習することが大切です。撇身の勢は撇身の勢として十分練習します。撇身の勢は五行の一つですので、基本の基本として習得してください。

王流の門下の方は套路を順基本勢として分類することを教わっていると思いますので、体系の中での撇身捶の位置づけを確認しておいてください。

太極拳は基本のみを反復練習する

太極拳とは基本の基本の勢という勢いを反復練習する武道です。

勢はもともと人間が備えている先天の理であり、人間であれば全ての人が備えているものです。そして人間は動物であり、生き物であり、森羅万象の一部であると深めていくことで、もっと基本的な勢を知るのですが、それが太極であるということで太極拳なのです。

太極は陰と陽が混沌としており、分かれ目がない状態のことです。

そのような万物が持つ性質を思い出して活かしていこうとする武道です。

十三勢といわれる基本的な勢は套路で反復練習をします。毎日毎日自分の奥底にあるこの勢を思い出して練っていくのです。

その勢の仕組みは,気により動かされていることを知り、その気が生まれる場所は神(しん)で有ることが見えてきます。

そしてその神と気と精が一致したところに,勢が現れることがわかるようになってくると,どのような場面でもその勢を応用することが出来るようになります。

その勢の応用は、散手などの単練や対錬で実際に使ってみます。

それが太極拳の技です。

多くの技を使える高手は、ただ、そのような場面で勢を使っているだけで、とてつもなく多くの技を教えることが出来ます。

勢が相手の動きによって動くときに、相手の動きの違いに応じただけの技があります。

人間が生まれてから後天的に身につけたものは,その人人によっての努力などにより、様々違います。

それに対して後天的に積み上げたものを使用して対応しても、その後天的なものと後天的なものが合致するときにしか、その技が使えないのはわかるはずです。

太極拳は、包括的な十三勢を基本として、もっと深くにある太極の勢、これは相対性、そして無極の勢、これは絶対性と深めていくことで、あらゆる後天的な動きに対して対応できる武道として完成させていくものです。

後天的な技は反復したりすることでその状態を高めていきます。そして、新たな技術の積み重ねです。結果、反復練習していない分野には全く応用が利かないのです。

先天は生まれ持ったものであり、生命の営み全てに通じる能力です。

一般的には、後天的積み重ねの中に、それを極めたものの一部がそれの先天的な部分に気づくのですが、後天的なものを使うときの理にしかならなければ意味がありません。

一つの武道を極めた人はまれに、先天的なものに気づき、一からその先天的部分すなわち基本の基本に立ち戻り、その反復練習をやり直します。

それしかやらない人がいます。そして完全に思い出した時に、今まで積み重ねた技がただその勢の一部であることを知り、全ての技の応用が始まり、達人となるのです。

どちらから入るも極めると同じですが、太極拳は最初からただ基本の基本のみを反復練習し、その応用を千差万別な技として,散手対打などで行います。

基本練習をしっかりやっておけば、全ての技は当たり前に勢により動きます。

技を覚えることも必要ないですが、技に名前をつけて練習法として確立することもいいでしょう。技には必ず基本勢がありますから、その基本勢を明確に説明することで、説明を受けたものはその基本勢を毎日の套路の中でより実感しながら、反復練習を行うことが出来ます。

毎日の套路は、その勢を実際に使った感覚をもって、基本を反復練習するものです。套路は、気を練るものではなく、先天的な人間の生理の意である神(しん)、そこから発せられるエネルギーの流れである気、そして人間として生まれて持っている心身である精が一致するように、そしてその一致した経験を積み重ねるものです。

ゆっくりやればやるほど、その一致の維持が難しくなります。後天的なものの影響をより長く受けるからです。

早くやるのも大切ですが、一致の維持は意識のみで、ある程度無理矢理出来ますが、これも後天的なものであることに気づいていない人は多いと思います。

太極拳の套路はどこまでもゆっくり動ける人のみが、今の一般的な套路の速さで行うものです。

大架式はおおらかに動きます。そしてゆっくり動くことでマクロを無限に求めています。

小架式は、そのマクロの一部として小さく早く動きますが、マクロがあっての一部であり、小架式だけなら、マクロは含まれません。

大架式は小架式を含み、小架式は大架式の一部であり、又その個性です。

これを見てみると人間と同じで、人間は大架式と同じく森羅万象であり、そして個である小架式は,立派に独立した個性ですが、森羅万象の一部には違いありません。小架式がそれを忘れたり、又ただ個であった場合は、完全に全てと分裂するということがわかるはずです。

このような、総合的な理が太極拳には備わっているのです。ですから、太極拳と名付けられたのです。

このように、太極拳は基本のみ反復練習する。これは生きることと同じです。生きるのはだれしもが毎日やっています。

そして、技を練習する。これは反復しなくてもいいのです。その時に、やりたいときに,やる必要があるときに、色々な場面に対応できる能力で、ただそれが技となっているだけです。

経験しておけば、理がわかり,勢がわかり,すなわち生きる能力がわかります。それと同じなのです。

武道としての太極拳の変化

現在の中国における武術も、日本での武術もそうですが、武道を習う人に対して、武道が本来の武術と同じような要求を続けていくとしたら、武術を学びたいという人は減少せざるを得ないと言うことはどの武道家も知っています。
そこで、ずいぶん昔から、武道である太極拳はその武術自体を大きく変化してきました。
その理由は、本物の武術を追求するには長い時間の毎日の練習と、良い師が必要になるわけですが、現代人は余りにも忙しいうえに、身近なところに良い師がいるということは難しく、武術を残していくという手段としては、武術自体を変化させるのが良いと考えたのです。すなわちパッケージ化です。パッケージ化とは套路の型のように一つの型を定型化することです。
日本にも太極拳を元にして、その型を変化させ独自に定型化している武道が普及しています。
私は、幸い若い頃から大阪で自分で会社をしていて、又、20代後半は武道と内観に明け暮れることが出来るほどたっぷりと時間がありました。
私の師である王先生は第二次世界大戦の頃は、中国において特殊任務に就いていたらしく、そこでは、幼い頃から先生の叔父から、一子相伝ということで徹底的に指導された楊式の太極拳が、特殊任務においての実戦で大いに役立ったと言うことでした。戦後も相当危ない仕事をしていたらしく、命があるのは太極拳のおかげと言っていました。私の祖父とも大阪のミナミにおいて深く関わっていたとのことでした。
私が師と巡り会った頃は、一子相伝ということで誰かに太極拳を伝えて残しておきたかったが、子供は跡を継いでくれず、そうなったら伝統が絶えてしまうので、誰れ彼の区別なく周りにいるもの達に弟子達の時間のあるときに教えていたと話していました。しかし、週に一度程度習いに来て、忙しい中で護身術程度にしか考えない弟子達には、伝えたいことがが伝わることなどなかったとも言っていました。
太極拳は実践的な武道であり、武術の特徴でもある攻防が最も重要です。しかし、社会が成長し平和になるにつれ、その成長過程において攻防の部分は薄まり太極拳が広まってしまいました。
太極拳には沢山の理論がありますが、その全ては攻防を前提としています。毎日、師に教えられた理論が、その攻防の勢と一致しているかを師から学びます。
太極拳は、自分自身の深くにあるこみ上がるような不思議な勢への理解が必要です。理解は経験でのみ理解できます。理論はその表現に過ぎません。経験という理解は言葉では表せませんが、言葉で表すなら理論が合致するのです。ですから、太極拳の師は良く理論を話し、それと合致している動きを教えます。
攻防の理論とは、例えば、太極拳では相手が動かない限りは、自分も動きません。相手が自分に対して動いたなら、その動きを和合させ、自分の動きにして相手の動きを自由にするだけです。
太極拳においては相手の動きを待つと言うことです。相手の動きを深い感受の部分でとらえるのが聴勁です。実戦の命のやりとりの中で身についた王先生の動きから、王先生は内観により、その感受と水がわき出るように発せられる沾粘の勢を観るのです。そして、相手の意が動いたとき、その水がわき出るのを観るのです。
その経験を内観して、人に伝えるときその全てを、使える言葉としての理論と、表現全てを駆使して弟子に伝えます。
そして弟子に実際の技を経験させて、その理論と表現が一致していることを弟子に認知させたとき、一つの勢が師から弟子に伝わり始めるのです。
このような相伝は、面と向かっていなくても師から弟子に伝えることも可能で、弟子は単練にて自分自身を内観できれば、その勢を伝えることが出来ます。
本来の武術の要求を真に経験しているものは、このように豊富な理論と、表現方法を駆使して弟子に全てのことを伝えることは可能です。
情報社会が発展し、今はネットワークを通じて豊富な表現方法が出来ます。
多くの武道家があきらめ始めていた、真の武道の伝承も、一子相伝ではなく遠方にいても、又弟子が時間が合わなくても伝えることも可能な時代になってきました。
ネットワークを通じて、師と弟子画面と迎える時代になったと言うことです。
太極拳は、本来の人間の能力を思い出し、その動きを利用する武道です。他の武道とは入り口が違うのです。
ですから、弟子達の単練と、師の経験を説明する理論を整合させていく作業が出来れば、昔のように、弟子さえそれを感受する能力があれば弟子は育ちます。
そしてその弟子の感受する能力を呼び戻すことが出来るのも、太極拳の修練にあるのですから、真の太極拳をやる気の あるものに伝えていくのは、遠方であるとか、時間が合わないとか言う障害は全くなくなったと考えています。
結論は、現在においても、他の武道のように太極拳はその本来の武術を変化させることなく、弟子達に伝えることが出来ると言うことです。