撇身捶は太極拳の拳脚攻防の単練の宝庫です。

この撇身捶を招式という一つの技に分割すると、さっと50ぐらいはあげることができます。

85式の套路には撇身捶が数回出てきますが、その撇身捶を全て違う招式や用法を想定して練習するのが最も太極拳を使えるようになるための効果的な套路練習です。

武当派の流れをくむ王流は実戦的な徒手武術です。その套路にある撇身捶は基本勢のみを練り上げる基本式です。

王流にはその撇身捶の基本勢をもって行う多くの招式があります。主に拳脚による攻防が中心です。もちろん把式も多くあります。

撇身捶は、その後の進歩搬攔捶につながっていき、合法となったり、撇身捶の進歩が分脚となったり、円圏を使用した防御と攻撃になったりと多種多様です。

例えば、進歩栽捶からの撇身捶などは、もともとは二段蹴り(二起脚)などの飛び技を行う前の過渡式として招式で練習していました。しかし、套路であるので、その勢は同じですので、撇身捶で良いのです。

この場合は、その後の進歩搬攔捶と右蹬脚が二段蹴りとなっているのです。

王流では、このように撇身捶は拳脚の基本練習の時に基本性の練習としてよく取り上げます。

撇身捶の撇身自体は後ろからの攻撃などに使う体裁きですが、撇身しないで過渡式を重視して練習することが大切です。撇身の勢は撇身の勢として十分練習します。撇身の勢は五行の一つですので、基本の基本として習得してください。

王流の門下の方は套路を順基本勢として分類することを教わっていると思いますので、体系の中での撇身捶の位置づけを確認しておいてください。

練習記録 劈身捶

  1. 劈身捶

    撇身捶の勢を使って劈拳を打つ。用法として、相手の右手で右肩を押さえられて、背勢にされ、相手が左打虎を我が後頭部に放つ場合。撇身捶の勢にて腰腿で右にうねり、右腕の抱掌にて打虎を防御しながら、我が左腕は相手の右腕をしたからすくい上げ、右腕で上から下へ劈拳を放つ。

    招式 打虎劈身捶(その他)上冲劈身捶

  2. 摺叠劈身捶

    扇を閉じて広げるようにして打つ劈拳。

    用法としては、劈身捶のように背勢に拳を受けない場合、例えば我は右前で相手の右劈身捶を左胸に受ける場合、我が左腕は外、右腕は内で交差し(十字手)摺叠して左腕で相手の劈身捶を外に流し、右腕で上から下へ相手の右側顔面や頸動脈や胸に劈拳を放つ。勢は十字手の合から開である。

    招式 劈拳摺叠劈(その他)上冲摺叠劈/双按摺叠劈