易骨・骨を健康に戻す

太極拳では、易骨といって、骨を鍛えていく修練を行います。

骨は命を終えても最後まで残る人体です。

太極拳は骨と筋を使って動くということがわかるようになると、年をとっても骨と筋だけで、十分な勢を保つことができます。

我が夜間クラスでは「叩歯鳴鼓」などの坐道で骨に気と勁が伝わる感覚を身につけ、武道クラスでは徹底的に骨を鍛えます。

太極拳の考え方では、バランス筋などを育てても、年齢を増すごとに衰えていきますから、その鎧が取れれば、やせ衰えた骨が残るので、最初から骨と最低限の筋を維持することを修練します。易筋、易骨です。

筋肉を鍛えるのも大事ですが、なぜ筋肉を鍛えるかは、その肉の内にある骨と筋を強化し、肉を離していく(依存しない)という思想に基づきます。

この記事でも筋力アップを骨折予防に良いとし、太極拳を取り上げていますが、太極拳でバランス筋などの筋力アップをはかり、骨を守るという考え方は本末転倒です。筋力が衰えた頃に、守られ続けた骨は耐えることができませんし、骨自体が刺激から守られるため、その役目を放棄します。従ってもろくなるのです。

太極拳の易骨は、どんどんと骨に振動と勢を与え続けます。いつも、骨は刺激にさらされています。その骨に刺激を伝えるのは、武道クラスにおける、外圧、外気です。相手の擒拿や摔角、拳脚の寸当てなどなどです。

気は骨髄に宿り、相手の骨髄にまで達します。ごん・ごんと我が武道クラスでは骨身にしみる感覚を体験します。

そして自らは、その骨を自由に無理なく動かすためのバネのような筋を育てていきます。易筋です。

骨と筋ばかりの人間になっても使えるのが太極拳です。そしてそのようになっても、健康を維持できるのが人間の先天です。赤ん坊には力のある肉はありません。しかし弾みの筋と、髄を生かす骨はあります。年をとっても、骨と筋を健康に保つことが大切です。

人間の骨は、適度に刺激を与え続けていると、その都度必要な成分を保持し、自らを強化していき、大事に備えます。その基本原理を忘れて、単純に筋力を強化していても、逆作用になります。

太極拳はバランス筋を鍛えますが、危険範囲を超えない、セーフゾーンの太極拳は、その反作用にも目を向けるべきでしょう。太極拳は武道です。なぜ武道なのか?

太極拳を教えておられる皆様には、ぜひもう一度、太極拳の易筋行、易骨行についてぜひ関心を持って頂ければと思います。

一人一人ができる骨折予防の具体的対策は何か。日本整形外科学会では、運動器の障害による要介護の状態や要介護リスクの高い状態を表す言葉として「ロコモティブシンドローム」を提唱し、ロコモチャレンジ!推進協議会を立ち上げているが、同会のWEBサイト(http://www.locomo-joa.jp/)では「ロコチェック」として運動器の現状をセルフチェックできるテストが紹介されている。講演では、このロコチェックの活用とあわせて、定期的に骨密度検査を行い、運動器の状態を自覚することが推奨された。また、バランス・筋力アップが期待できる運動「ロコトレ」や太極拳、転倒防止のための危険箇所の点検・改善も促された。

引用元: 健康寿命を脅かす高齢者の骨折・転倒 ~専門家が予防対策を呈示~ – MSN産経ニュース.

実際の相対練習における心得 拳脚(けんきゃく)

拳脚とは、突きや蹴りなど、体を使って相手に打撃を加えることです。
拳脚の練習は、普段勢を通していない場所に勢を通して、全身の気血の循環力を取り戻す、素晴らしい体操術となります。また拳脚を受ける側も、相手の攻撃を柔らかく自然な勢で受け流すことになるのが太極拳ですから、同様に体操術となります。リラックスしておおらかに、楽しく気持ちよく行う事が大切です。
拳脚の練習で緊張すれば、自らの体の血流を悪くするばかりか、不自然な拳脚になるので、練習においては相手や自分にも怪我を負わすことになります。
熟練してくると、拳脚を用いて相手の急所に適度に発勁を行う事ができます。その場合は相手にとって活法となり、いうなれば指圧や按摩のような効果があります。
ただ、套路において勢を修練している場合は、套路はそのような発勁がでるように研究された動きですから、拳脚の相対練習において思わぬ発勁が出ることがありますので、拳脚を相手の体に当てることは、相当な熟練をしたもので指導者から許しを得たもの、または指導者が防具などをして受ける場合以外は禁じます。
太極拳の発勁は、外部ではなく体の内部に浸透するような打ち方になっていますので、基本的には拳脚は、受け手側は走や粘でそれを受けたり、また技を発する練習をします。どちらにしても、太極拳は後の先という、相手の動きを受けてから発する武道ですから、その練習方法が理にかなっているのです。

実際の相対練習における心得 解法(げほう)

解法とは、相手に体を拘束されたり、捕まれたり、技を掛けられた時などにそこから逃れる技の総称です。
例えば、攻撃側は相手の腕をつかみ、引くなり押すなりの勢を相手に掛けていきます。そのような攻撃側の勢いに対応するのが解法です。従って攻撃側は、練習したい解法に対する攻撃を、正確に行わなくてはなりません。それも太極拳の技として攻撃するのです。
その攻撃を解く側は、龍の勢(沾粘纏糸の勢)や履勢や採勢の自然な勢を使って解くので、全身の気血の循環力を取り戻す、素晴らしい体操術となります。リラックスしておおらかに、楽しく気持ちよく行う事が大切です。
また攻撃側も、自分の勢いを緩やかに変化させて解法されていきますから、今まで自分では勢を変化しにくいところへ身体を連れて行かれますので、ゆるやかな整体になります。しかしここで、攻撃側が無理に勢を変化した場合は、解く側がその勢いに従って擒拿術や摔角、または拳脚の発勁などに変化することになり、他の技の練習になってしまいますので、気をつけたいところです。
実戦ではもちろん、解けない場合や攻撃側が途中で勢を変化させることもあるので、その変化線上に擒拿や摔角、そして点穴や拳脚の技術があるのです。
従って練習において重要な事は、解く側は、自然な勢を用いて攻撃側の勢に和合して自然に変化させ解くこと、攻撃側は、解く側の勢を受けて変化した自らの勢に逆らわずにいることです。
双方とも、最初は自然ななめらかさを得るまではゆっくりと行い、その妙技を習得します。攻撃側は、相手の勢の圧力を感じたときは、その勢に従いなめらかに自然に勢が変化することを練習します。特に重要なことは、攻撃側が最初にしかける勢の方向や方法です。これを間違ってしまうと、解く側は違う技を掛けることになります。 解法の場合は、攻撃側がどのような攻撃を仕掛けるか、という理解がとても重要なのです。

実際の相対練習における心得 摔角(そっかく)

摔角とは、投げ技などのことです。
技を掛ける側は、掤履の勢(掤勢と履勢の合)や円転の勢(白鶴亮翅)など自らの自然な勢を使って、普段は勢を通していない場所に気血を通じさせ、投げられる側は、自らの勢に従ってくる相手の自然な勢いを受けて、自らの自然な勢を呼び起こして、それに従い体を地面に投げ出す練習です。受け身は、投げられたときの自然な勢の練習となり整体術にもなります。

そして、その技を覚えたところに、発勁の技術を用いるだけで、相手をより地面に強くたたきつける事ができるのです。摔角では、合法(技を合わせること)として擒拿術を併用して相手を完全に拘束したり、拳脚を併用して的確なダメージを与えるなどの効果を得ることもできます。
練習では、老若男女が楽しく練習できる整体術の一つとして、摔角を行います。練習において重要な事は、投げる側が自然な勢を用いて、投げられる側(最初の攻撃)の勢に従って投げること、また、投げられる側も投げる側の勢を受けて、動きだした自らの勢に従い投げられることです。
投げる側は、自然ななめらかさを得るまではゆっくりと行い、その妙技を習得します。投げられる側は、相手の勢の圧力を感じたときは、その勢に従いなめらかに自然に投げられることを練習します。注意したいのは、投げられる側は自分から進んで投げられないことです。相手の勢の圧力を感じたときに、その勢の流れに従って投げられる練習が必要です。この練習は、相手の勢を受けて自らの勢に引き込んでいくという、投げる側の感覚もつかめる重要な練習になるのです。これが太極拳の相対練習の相乗効果なのです。
熟練してくると、投げた側は投げられた側の反応によりそのなめらかさや勢の流れがわかるようになりますから、発勁の時の感覚を何度も練習してその感覚を身につけてください。

 

太極拳の四隅手における板と棒

太極拳は円の動きで動くと一般では理解されています。確かに十三勢の四正手(しせいしゅ)は円と曲の勢です。

ところが四隅手(しぐうしゅ)は直と伸の勢であり、後は五行の方角で十三勢となっているのです。

四正手は太極拳を聞いたことがある人なら円の柔らかな動きということで理解はできるでしょうが、四隅手は理解しにくいものです。

四正手も四隅手も五行も、相対の武道練習において詳しく学びますが、四隅手の勢を実感できるのは特に拳脚の相対練習になります。

冲捶は拳面で相手に打撃を与えますが、身(靠)からおこった勢は、肘、手腕(列)、尖(採・拳面)と矢のように到達します。

この時の勢の流れが四隅手、理においては三節になるのです。

冲拳では拳面ですので、身から出て肩から拳面までが、固い真っ直ぐな一本の樫の木の棒になり、その棒の先端に全体重と勢が行き着き、勁が飛び出すように突くのです。これが四隅手の勢です。

冲拳の練習においては、小指から中指の先が、手首を輪切りにした中心に突き刺さるような感覚で、拳面にまで気を通します。一本の棒になるのです。もちろん発勁の瞬間だけ棒になるのです。冲拳の練習はサンドバックなどでもできますから、一人でもできるでしょう。

 

しかし、もっと四隅手の高度な練習は、身(靠)と肘と手(列)と尖(採)を直で繋ぎ、伸ばしてしまい板にしてしまうことです。体の薄い部分とそれらを一枚の厚い板のようにしてしまい、その板の角や縁を相手にあてるという発勁です。

板の全ての重みと、その意動力が板の縁や角に集まるのであり、その威力は絶大になります。

このような四隅手の合勁の感覚を実感する技として、攔腕肘挒(らんわんちゅうれつ)があります。

攔腕肘挒は相手からの顔面への冲捶を進歩搬攔捶の欄で受けて、受けたその腕で肘挒を相手の気舎から頸脉へ鑚勁を放ちます。

この時の、発勁は四隅手の合勁となります。体から肘挒までは一枚の板になったような感覚で、そのまま急速に移動して板の縁を相手の気舎から頸脉までに斜めに「ゴン」とたたききるようにぶつける感覚です。

四隅手が理解できると、合勁が理解でき、この攔腕肘挒は完成します。

攔腕肘挒は搬攔捶(はんらんすい)という招式、套路では進歩搬攔捶という型の示意(用法)ですが、相対でこの技の練習をしていると、進歩搬攔捶の套路で前に掌が伸びながら欄勢を描いているときに、かならず四隅手の合勢を感じることができるようになります。

このように、武道の練習をしていると、套路において、とても大切な一瞬を理解できることとなり、套路自体が本物の太極拳の套路となるのです。

進歩搬攔捶にはこのように、太極拳の四隅手の板と棒が含まれていることを知ることが大切です。

撇身捶は太極拳の拳脚攻防の単練の宝庫です。

この撇身捶を招式という一つの技に分割すると、さっと50ぐらいはあげることができます。

85式の套路には撇身捶が数回出てきますが、その撇身捶を全て違う招式や用法を想定して練習するのが最も太極拳を使えるようになるための効果的な套路練習です。

武当派の流れをくむ王流は実戦的な徒手武術です。その套路にある撇身捶は基本勢のみを練り上げる基本式です。

王流にはその撇身捶の基本勢をもって行う多くの招式があります。主に拳脚による攻防が中心です。もちろん把式も多くあります。

撇身捶は、その後の進歩搬攔捶につながっていき、合法となったり、撇身捶の進歩が分脚となったり、円圏を使用した防御と攻撃になったりと多種多様です。

例えば、進歩栽捶からの撇身捶などは、もともとは二段蹴り(二起脚)などの飛び技を行う前の過渡式として招式で練習していました。しかし、套路であるので、その勢は同じですので、撇身捶で良いのです。

この場合は、その後の進歩搬攔捶と右蹬脚が二段蹴りとなっているのです。

王流では、このように撇身捶は拳脚の基本練習の時に基本性の練習としてよく取り上げます。

撇身捶の撇身自体は後ろからの攻撃などに使う体裁きですが、撇身しないで過渡式を重視して練習することが大切です。撇身の勢は撇身の勢として十分練習します。撇身の勢は五行の一つですので、基本の基本として習得してください。

王流の門下の方は套路を順基本勢として分類することを教わっていると思いますので、体系の中での撇身捶の位置づけを確認しておいてください。

把式

把式は広い意味では、相手の攻撃をいつのまにか自分に同化してしまって、そして、相手をまとめて束ねてしまう太極拳の技の基本的な理が働く技のことを言います。
そういう意味では後の先(相手の攻撃を受けてから動く)の武道である太極拳においては技はそのようにできあがっていますから、全てが把式になります。
相手の技や力を、自らにまとめていこうとすることが、解法や相手を背勢にする、又は重心を崩す、又は、相手の擒拿や拘束を抜くなどの技術です。

拳脚は就いたり蹴ったりする技式。把式は解法・擒拿・摔角の技式のことです。

転身擺蓮+海底針(転海)

太極拳の用法には擒拿術を始め、拳脚、摔角にいたって、様々な用的、詩的名称が流派によってつけられています。王流ではそのような名称は、体系を把握しにくいというところから基本的には使用せず、独自に合法などは用法の組み合わせなどがわかるように、套路などの型の一部の文字を使用して組み合わせて、記号として名称を使用しています。
()内の記号としての合法名を覚えておくと、転身擺蓮と海底針を組み合わせた散手であると覚えることが出来ます。