楊式太極拳における擒拿術と解法の原理

2016/6/12武道クラス
20160612_2①懐中抱臂に対する解法、相手は我の右腕を両手で掴んで懐中抱臂を仕掛けてくる。それに対して、青龍飛彎にて解法。
相手の扌履勢による懐中抱臂の引勢に粘勢を保ちながら随勢で随い、引勢を走勢で走らせながら、その引勢を我の我の手を龍の頭と見立て龍が彎曲して左方に飛んでいくようにして、その胴である肘がその慣性につられ相手の顎の方に飛び出しながら、我の上腕である龍の尾がそれにつられて飛んでいく様で、相手の円圏の中に入っていく。これは化勁であり借勁である。相手の引勢を借りて龍を左方に勢いよく彎曲して飛ばすのである。その過程で我の肘が相手の顎の急所に当たるのも良い上、我の手である龍の頭は、相手が掴んだ両手に粘勢で絡み、沖和して連勢となり、包球勢(抱掌)の発勁にてするりと解いていく解法となる。抜いた右腕でそのまま上勢の発勁を相手の右頸動脈洞などに手刀で打ち込む。… 続きを読む

楊式太極拳の太極剣

daikaisei

(←画像をクリックするとLivePhotoが再生します。)

太極剣に巡り合うまでに、私は柳生新陰流を習っていましたが、その時の練習法は、最初から刃引きで勢法(かた)を打つことでした。そして、その重い刃引きがとても軽く打つことができるようになったら、今度は桐の木刀を持たされました。とても軽いものです。そして、それを今度は重く感じるように打てと言われました。いとも簡単に重く打てました。次に割り箸を渡され、それでダイコンを切れと言われて、振り下ろしたところ、すぱっとダイコンが真っ二つになりました。… 続きを読む

楊式太極拳 基本招式 扇通背


圏捶(転動勢)に対して、扇通背による鑚打(心窩)です。門位の基本招式です。(当流門下)… 続きを読む

歴史3:王流楊式太極拳と文聖拳

私の師がしきりに同じ流れから派生した拳法だといっていた文聖拳というものがあります。文聖拳はは17世紀中葉の明末、清朝の初期の時期に劉奉天(1617―1689)を創始として起源します。彼は元々は武当山で幼少から修行道家として張三豐の内家拳を修行していましたが、思想が孔子(文聖)の儒教に傾き始めその思想を元に文聖拳を興しました。張三豐の内家拳が少林寺の禅宗から袂を分かち道教で育ち、又その中から、袂を分かち文聖拳に育っていったのも理解ができます。… 続きを読む