股関節を内外に円転する歩法

武当派の楊式太極拳の源流を遡ってみると、武当太極拳があります。

武当太極拳から楊式に変化していった当事の套路の歩法には、ほとんどが、武当太極拳にある擺歩(はいほ)という歩法が使用されています。雲手などは套路に何度も出てくるのですが、側行歩においては、右は地震脚と、左は擺歩による進歩の練習でした。

現代太極拳の套路では、見受けたことがありません。

もちろん王流では、古式をそのまま大架式として練習しています。小架式にしても側行歩は擺歩を含んでいます。

翻身撇身捶(ほんしんへいしんすい)の翻身は扣歩であり、玉女穿梭(ぎょくじょせんさ)の歩法は扣歩(こうほ)と擺歩の繰り返しです。これは現代太極拳にも少なからず残っているようですが、重要視はされていないようです。

なぜ扣歩と擺歩は重要かと言うことですが、簡単な理由です。

ウェストを起点として、股関節を内転させるのが扣歩です。そして、外転させるのが擺歩なのです。ですから、股関節を円転させる為の内外の動きだからとても重要なのです。

この歩法の繰り返しが、鬆腰(腰をやわらげる)に伴い運動される鬆跨(股をやわらげる)の修練なのです。

この歩法で股関節が自然に円転します。従ってこれを修得すると、股関節を痛めることも無く、また股関節の強化や、故障の改善になるのです。

近年太極拳で股関節を痛める人が増えていますが、この歩法を習得しないで、太極拳という複雑な動きをするのは危険でしょう。

八卦掌にはこの歩法が重要視されているようですが、それは武術としては当然のことです。

太極拳においてもこの歩法をしっかりと練習しないと、武道として太極拳を健身に生かして行くことなどはできません。

王流の套路は、ふんだんにこの歩法を套路に組み込んでいますから、現代太極拳の方から言わせると歩法が間違っているとよく言われます。

しかし、擺歩や扣歩の重要な股関節の円転を失った套路を続けていると、重要な問題が起こることは確かです。

また、その動きをしっかりと練習すると、股関節の故障も無く、またそれらの問題も改善することも事実です。

歩法をただ直線的に動かすこと無く、このような扣歩と擺歩の理を知り、形や方式、伝聞にとらわれずに、自然の理をもって柔軟に太極拳の套路を楽しまれることをおすすめします。

雷の光を見て耳をふさぐ

太極拳の実戦的動きを表現するときに、緩やかに速いといわれます。

なぜ緩やかに早いのか?拳のスピードや、動きの速さもそうですが、太極拳の心法に理由があります。

心法においての太極拳の発動の仕組みは、雷が光ると、耳をふさぐという例えになります。

雷鳴がなり始めると耳をふさぐ反射神経は、後天的に備わっています。

雷は光と音と衝撃がその全体です。
音の前には光があり、音の後には衝撃があります。
相手が拳を打つ前を気勢、打った拳が音、自分に当たるところが衝撃として考えてみます。

気勢の光を見て、次に来る相手の拳を制すための動きが始まります。
そして、その後の衝撃に同化し、自らの勢を発します。

例えば、楊式太極拳の圧掌打虎という招式の場合は、相手が打ってきた上段進歩捶(拳を縦にして型の線で真っ直ぐに打ち出す拳)を圧掌(上から下へ圧して拳を掌で押さえる)で受けて、背勢に入り打虎式を相手の太陽穴に打ちます。その後は背勢にいるので自由自在に相手を次の技で制します。

相手の気勢があったときに、相手が打ち出した拳を心法において受けているのです。 これが雷の光を見て耳をふさぐと言うことです。

上段に目の前に繰り出された相手の拳は、すでに圧掌で受け終わっていて、すでにその時には次の動きがあるのです。

次の動き、すなわちこれが採勢(下に抑え込む勢)や拍勢(拍手のようにはね飛ばす勢)などの動きです。

圧掌から、例えば拍勢が相手の拳を先に捉えて、相手の勢を崩します。 これは、光を見たときに耳をふさぐ動作、すなわち圧掌があり、相手が音を発したすなわち拳を吐き出したときに、こちらはすでに圧掌を終えて、拍撃を相手の腕に加えて、相手の身体の勢を崩しているのです。 そして、相手は運動神経により、勢を立て直そうとします。これが衝撃です。

勢が崩れていないと、相手は自分の勢で新たな攻撃、または守りを行います。

雷の光、音、衝撃を一つの纏まりとしてみることができると、この衝撃が有ることも知っています。 相手が身体を立て直すという虚勢を知っているのです。

この虚の間に、こちらは相手の背勢に入って打虎(腰腿を使ってフックのような鍵型で打ち込む特殊な打ち方)を太陽穴に打ち終わっています。 これが、圧掌打虎です。

背勢に入って打虎を打つには、相手に0.5の虚をいつも造り上げていきます。

光を見て耳をふさぎ、音を聞いたときには、身を弛め、衝撃があったときにはもうそこにはいない。 太極拳の心法の一つです。

その0.5の間を無極といい、虚も実も無く、ただとてもおだやかな静寂さがあります。

相手が止まっているようでもあり、また、自らはとても心地良い感覚になります。 光を見て耳をふさぐ先導を、潜在能力の中から思い出し、この境地を目指します。

套路においての過渡式は、この無極の修得にとても重要です。ふっと気が遠ざかるようなおだやかな感覚。実戦においてもこの感覚がとても重要な観自在な心法を生み出します。

相手の隙を虚を見いだして、それを先駆けるのはこのような心法によって成り立っていきます。

相対練習の際には、実戦と同じような心構えで、このような心法を鍛錬することはとても重要です。

総合教程

招式(圧掌打虎)

眼法(目から始まる動き)

見ているところに人間は向かっていくという後天的な習性があります。それは目が向くからであり体もそれにつられて動いてしまいます。

自転車などとぶつかりそうになったときも、自転車の方はその人の逃げる動きを追ってますので、その人に向かって行ってしまうのです。
歩行者も逃げようとして、その自転車の動きを見ていますので、自転車に向かって行ってしまいます。
それで相互に正面衝突と言うことになります。車でも、人でも同じです。

そのことがわかってるのと、わかっていないところで大きな違いがあります。

太極拳の眼法では、その自然な性質をはっきりと思い出しておきます。
思い出しておくと、自分の体は目の動きについて動くことを深層で自覚していますから、それをよけるには目の動きと違う方に体が自然に動くのです。それが先天的な危険回避の能力なのです。

具体的に、左手揮琵琶で構えていたら、相手は右拳で顔面を突いてくるとします。
武道の経験が無いと目がその拳を見ていると、その拳の方に体が向くので、自然と目を伏せて手を上げるなどして相手の拳をよけようとしますが、ほとんどは当たります。体はそのままですから、次に蹴りなどがあればそのまま当たります。

太極拳では、左足が体軸で回転して下がって目で見てる拳から我左側が遠ざかったり(走の勢)、左方向に拳を見たら体軸で右に体を回転させ,左肩は右側に移動したり(転動の勢)目で見た方と違う方向に体が動き、そこには手などを残しておきます。(押したり、防御したり、攻防一体の攻撃に使用します。)相手が自転車ならそれを遠ざけたり、車ならその車体と身のクッションになります。

太極拳の練習では眼法をしっかりと練習します。その練習に合わせて、目で見えるものから自然と体が,最短距離で素早く逃げることができる自然な力を思い出します。

自動車などを運転していると、子ども達の集団登校などを見て、それをよけようとすると余計にそこに向かって行ってしまい、悲惨な事故が増えています。普段から、眼法の練習をしていると、体は向かっていこうとする方向と違う方向に動きます。ハンドルもそうです。
居眠りなどからとっさに覚めたとき目の前に子供の列があっても、それをよけることができる。
また車が向かってきたらその動きと違う方に自然と体が動くのです。

眼法とはそのような自然な能力を思い出すものであり、太極拳ではとても大切な修練の一つです。

楊式太極拳の套路は、その眼法をしっかり修練できるように
なっています。

次は動きの始まりについてですが、太極拳は眼法を主にしています。眼法とは目から始まる動きで、いつも、多方向を見ることの出来る目が円方目と言われる眼法です。後は甩手を打つときにまず目の方向を向けます。目の動きはとても大切です。目につられて動くことを太極拳では眼法といいます。眼法の基本は相手を想定して動くことです。ちょっとやってみましょう。相手の突きをよけるときに相手の突きを見ます。その突きをよける手を見ています。★左の上段付きを左によけ、次は右を見てから右を打ち上げる。横も後ろもやってみる。~

周辺視による眼法は脳内視力の訓練でもある。人間の視野は平常心ではとても広くその情報を全てとらえているが、一点だけを見ていると眼球視力だけに頼ってしまうから、その情報の動きをとらえる必要がある。その為ゆっくり動きながら、細かな情報をとらえる訓練をするのですが、おおらかに目を遠くを見るような感じで、視野を広める感覚を訓練します。視野は変わりませんが、脳内視力がはっきりするのです。平常心です。遠くを見る目ですね。後ろもイメージできるようになるのは、相手の動きの続きが情報として見えることになります。

引用元: 眼法(目から始まる動き) « AeroTaichi.

太極拳の発勁と三尖三節

「内の三合」 精気神 ・「外の三合」 手眼身 ———-以上を「内外六合」

精は手であり——–気は眼——–神(しん)は身である。

内の精気神の一致は、すなわち、手眼身の一致である。

太極拳の発勁の際の手眼身は三尖に通じ、相照する。「三尖相照」

神は身を震わせ三尖に向く

気が眼を光らせ三尖を見る

精は手(足)に三尖に爆発する。

三尖とは精気神の三が集中するところ「内の三尖」、手眼身が集中するところ「外の三尖」。

時空の内の「空間」の仕組みである。

「時間」の仕組みは三節(出発点・経過点・末端)(原因・因縁・結果)であり、三尖三節で、太極拳の発勁は完成し「懂勁」となる。

太極拳 走圏の練習

古式太極拳には八卦掌にもある走圏の基本練習があります。
套路の中では玉女穿梭及び、肘底看捶や抱虎帰山、白鶴亮翅などの過渡式、野馬分鬃の歩法などで行います。
走圏を練るには、以上の式を単練で連続して行います。
套路にはない型で、数種の走圏がありますが、全て衆敵の実戦を想定して練習します。

採腿

翅腿というのは足尖或いは足縁を用いて人を蹴るのですが、採腿は足心を用いて人の膝蓋骨(しつがいこつ)=臏(膝の皿)を踏み砕くとともに面部を打つという技法です。

採腿の技術を練習

その練習の方法は、もし右足を以って採腿を行うときには、右手を何か掴むようにして腰の所に引き付けると同時に、左手の掌を前方に打ち出して相手の面部を打ちます。(この場合の左手の動作を「閃」と言います。)この時の左腕は完全に伸ばさないで少し曲げておく方が良いでしょう。

同時に右足の足心で相手の膝蓋骨を踏むように採腿を行います。この動作を行う時には、軸足(この場合は左足)は少し曲げて腰を落とすようにします。つまり、右足で下方に踏み蹴るとともに、両手は前に分けて用いながら、左膝を曲げて重心をすべて左足にかけます。
姿勢は含胸拔背・気沈丹田・虚霊頂勁・鬆腰坐胯の原則を守ります。左足で採腿を行う時は上記の反対の動作を行う事になります。なお、引きつける手の掌は下を向いています。
この採腿を練習する時は、両足を交互に連続して練習します。久しく続けると、四肢の動きがひとつにまとまってくるとともに、足腰に坐勁が生じてきます。もしそうでなければ、いくら人を蹴ろうと思って足を出しても、身体が浮いていますので、人が倒れる前に自分が倒れてしまうという事になりかねません。ですから、よくよく練習しないでは、この採腿を使うことは出来ないのです。
要するに相手の腕など掴んで、採の技法によって引き落とすことにより、一方の足に敵の重心を移動させ、その膝を踏み砕くわけです。同時に面部を(引き手と)反対の手で打っていますので、上下一度に攻撃する事になります。これは非常に避けにくい攻撃です。上か下かのどちらかの攻撃があたる事になります。

▼ ❑ 勢

▼ ❑ 五行

前進、後退、右顧(左顧)、左眄(右眄)、中定

▼ ❑ 五行勢

前後左右に進む

• ❑ 中定

構え

▼ ❑ 前進

• ❑ 上歩

開立歩から片脚を進める

• ❑ 進歩

脚を差し替えて進める

• ❑ 並歩

両足を並行して進める

• ❑ 右顧

• ❑ 左眄

• ❑ 後退

• ❑ 五行転身

前後左右に、右左周りで手揮琵琶の構えを行う。

▼ ❑ 転身運歩法

• ❑ 三角歩法

• ❑ 倒攆歩法

• ❑ 開身

▼ ❑ 四正手

• ❑ 掤勢

• ❑ 扌履勢

• ❑ 擠勢

• ❑ 按勢

▼ ❑ 四隅手

• ❑ 採勢

• ❑ 扌列勢

• ❑ 肘勢

• ❑ 靠勢

歩法

▼ ❑ 歩法

●基本の上下歩

• ❑ 上歩(じょうほ)

前足を前に上げる。ろう膝拗歩の進歩の時。片方の足の膝を少し曲げ重心を乗せる、もう一方の脚は支えている脚の側を通り前方に踏み出す。足を降ろすときは踵から静かに着地させる。上歩の時の上体は前や横に傾けたり、上下に起伏しないようにおこなう。

• ❑ 下歩(げほ)

後足を後に下げる。斜飛式の後足を後ろに下げるときなど。

●基本の進退歩

• ❑ 進歩(しんぽ)

後足を一日前に進める。前足を出して、後ろ足を引きつけ前に進める。進歩搬攔捶の時の歩法

• ❑ 退歩(たいほ)

前足を一歩後に退ける。左右倒でん猴の退歩。片方の足の膝を少し曲げ重心を乗せる、もう一方の脚は支えている脚の側を通り後に一歩下げる。足を降ろすときは爪先から静かに着地させる。

●他

• ❑ 扣歩(こうほ)--側行扣歩、翻身扣歩などがある。

玉女穿梭の回転足。片足で支え、もう一方の脚を引き上げ小腿を内側に向けて回す。足を着地するときには踵を先に付けてその後、爪先を内側に向け足の裏をすべて着地させる。

• ❑ 跟歩(こんほ)--上下歩の一種
手揮琵琶や海底針への動作の進歩。重心を前足に移し後にある足を前足の踵に向けて半歩寄せる、その後後ろ足に重心を打つし足裏全面を着地させる。基本的には上歩による跟歩だが、特殊な場合は下歩による跟歩がある。どちらにしても継ぎ足す足のことであるので上歩又は下歩と付加すれば良い

• ❑ 擺歩(はいほ)

ろう膝拗歩や野馬分鬃の歩法。片足で支え、もう一方の脚を外旋させながら前に向けて踏みだし、 踵かを着地させその後爪先を外旋させて足の裏を全面着地する。

• ❑ 側行歩(そっこうほ)

雲手の移動。片足で支え、もう一方の足を引き上げ横に踏み出し爪先から着地させる。つづいて踏み出した足に重心を移し、最初の支えた脚を踏みだした足の側に寄せる。両足は八の字にはならず平衡に移動させる、また移動時は上体を上下させずにおこなう。

• ❑ 碾歩(てんほ)

単鞭や肘底看捶などの一方の足を踵を軸に爪先を外旋(または内旋)させる、もう一方の足は爪先を軸に踵を内旋(または外旋)させる。

• ❑ 蹬脚(とうきゃく)

片足で支え、もう一方の足の膝を引き上げ爪先上に引き起こす。

• ❑ 分脚(ぶんきゃく)

• ❑ 仆歩(ふほ)

下勢の伏せる倒れる進歩法。

• ❑ 偸歩

後ろ足を引きつけて前足を出す独特の運歩方。前後左右

• ❑ 交歩

前は後ろ足を出して、前足を出す。後ろは前足を引いて後ろ足を引く。左は右足から、右は左足から移動。

• ❑ 並歩

手法

▼ ❑ 手法

勢及び勁を用いて発する手腕による技法

▼ ❑ 挓法 P11

相手の腕を受けあげたり、押したりする。

• ❑ 上挓法 金鶏挓腕 金鶏独立の手法

相手の腕を押し上げ挓す

• ❑ 前挓法 斜飛挓腕 斜飛式の手法

相手の腕を前へ押し挓す

• ❑ 下挓法 倒攆挓腕 倒攆猴の手法

相手の腕を下に押し挓す

• ❑ 側挓法 手揮挓腕 手揮琵琶の手法

相手の腕を横に押し挓す

• ❑ 双挓法 挓双椀 海底針前過渡式の

手法

相手の両腕を挓し上げる

• ❑ 冲拳(ちゅうけん)

進歩搬攔捶の直突き。拳を腰の横から前に向けて立拳でうちだす、肩より高くならない、胸より低くならない、力は拳面に達する。

• ❑ 搬拳(はんけん)

撇身捶の下へ打ち下ろす裏拳。肘を曲げ、拳心を下に向け、その後肘を軸にして前腕を回して前に打ち出す、力点は拳背に達する。

• ❑ 貫拳(かんけん)

双峯貫耳の両手。両拳を下方から側面を通り、腕を内旋させながら前方上に向けて打ち出す、拳の高さは耳の高さ、拳眼は斜め下に向く、両腕は孤形になる。

• ❑ 推掌(すいしょう)

ろう膝拗歩の右手。掌を前方に押し出す、指先は上に向け、指は目の高さを超えない。

• ❑ 楼掌(ろうしょう)

ろう膝拗歩の左手。掌心を下に向け膝または腰の前方を孤形を描き払う、力点は前腕部または掌外沿に達する。

• ❑ 欄掌(らんしょう)

進歩搬攔捶の左手。掌を外側から内に向け、立掌で払う、指先は斜め上に向け、力点は掌根に達する。

• ❑ 分掌(ぶんしょう)

左右分脚の手。両肘を曲げて胸の前で交叉させ、両腕を前後または左右に向けて分け広げる。伸ばした腕は肘を少し 曲げて孤形になる。力点は分け広げるときには前腕部外側から手首に移動し最後には掌根に達する。

• ❑ 穿掌(せんしょう)

下勢独立の動作中、掌の指先を伸ばして、仆歩(ふほ)で伸ばした足の大腿部の内側を沿うように付きだしていく。 または、腕の肘を曲げ掌心を下に向け、別の手の掌心を上に向け曲げた腕の掌背の上を突き出す。

• ❑ 抱掌(ほうしょう)

上歩攬雀尾の抱掌など。胸の前で両掌を上下で向かい合わせ、両腕で丸くボールを抱えるようにする。

• ❑ 挑掌(とうしょう)

金鶏独立の上の手。掌根を使って相手のあごを打ち上げる。手首を曲げて立掌で下から上に向けて跳ね上げる。 挑掌の時には脇を緩め、肘を下げ腕を孤形にして指先を目の高さにする。 力点は前腕上部または手首に達する。

• ❑ 推掌(すいしょう)掌根を使って押し打ちをする。金鶏独立などで相手の顎の急所を押し上げたり、鼻の急所を押し上げたりして使う。挑掌と似ているが、跳ね上げるのではなく推す。

• ❑拍掌(はくしょう)五指を開いて、掌心を使って打つ。上下、内外

• ❑按掌(あんしょう)掌心で按撃を放つ。上下、内外

• ❑ 雲掌(うんしょう)十字勁と孤勁を使って腕の腹などを使って、巻き込んでいく。

• ❑ 架掌(かしょう)

• ❑ 鐴拳(へきけん)

• ❑ 臂鎌拳(ひれんけん)内腕を使って、鎌で刈り取るように打ち切る。

• ❑ 臂刀拳(ひとうけん)外腕を使って、刀で切るように打ち切る。

• ❑ 砍掌(かんしょう)砍掌は五指を開いて掌心を下に向ける場合は俯、上に向ける場合は仰、親指側を使う場合は内、小指側を使う場合は外となる。(例・内俯砍掌)