簡化二十四式太極拳について

kanka24image 現在、世界中で普及する太極拳は、現在の中国政府が健康体操として制定したもので、制定太極拳とも言います。特に簡化二十四式太極拳は最も普及しています。
 しかしながら、古武道である太極拳を制定して体操化した時点で、武当山の内丹修行者の導引術として発達した「宗門の行」である多くの技法は全く失われています。
 特に楊式の太極拳を基にした二十四式や八十八式の制定太極拳は、形だけが残され、「宗門の行」として行われていた太極拳と形はほとんど同じですが、歩法や勢い、気の発し方、型の繋ぎ目、型の動きなど全く違うものになっています。
 簡化二十四式は腐っても楊式の太極拳の形を残しており、誰でもが簡単に動くことができるもので、太極拳の入り口として最適です。
 しかしながら、体操のような太極拳の形をまねたとしても、多くの普及型の太極拳愛好者に、腰や膝、首などの故障する人が多いのも実情です。
 本来の太極拳は、座って坐道で自然体と中心を練り、立って腰と股、膝と首などの捻転を練り、気の通り道を経絡により練り上げて行きながら、套路という総合練習を行うものです。それらをおろそかにして、ただ単に体操として太極拳を行うのであれば、太極拳の皮だけを被った体操としか言えません。
 書籍「簡化二十四式太極拳で骨の髄まで練り上げる技法」は、とても深くて難しい領域を最初から練り上げながら、二十四式といえども、優れた導引術を身につける入門編です。
 独特であるように見えますが、今日本で普及している現在の中国政府が政策として制定した太極拳自体が、「宗門の行」である古式の太極拳から見ると独特であるとも言えます。この書籍を教本として太極拳を学べば多くの理解を得るはずです。
 現在、簡化二十四式などを学ばれている方は、今の形をせっかく覚えたのですから、動きがやや違うから、独特だなどと排除せず、その形の内にある骨肉を身につけることを求めれば、形も荘厳な内容のある質の高い太極拳に練り上げることができます。形に拘らず、太極拳は十三勢と言われている「勢い」を根幹とする武道ですから、その勢いを得て結果として形があることがわかれば、自ずから古式の素晴らしい真の太極拳の形になります。

気力が湧かないままで、どうぞ。


自殺大国日本において、最近特に女性の自殺者が増えてきています。(2012年6月8日政府の自殺対策白書)そのもっとも多くを占める原因は健康問題で全体の過半数になっています。
これらは、これといった病気ではなく、何となく活力が低下し、疲れやすさすなわち易疲労があり、今まで楽しかったことに興味がなくなってきたり(アンヘドニア)、そして何か鬱々するというものです。

そして、なかなか元気になれないというところから、食欲がなくなったり、イライラしたり、風邪をひいたような症状や、腰や膝の痛みなどと発展していき、何らかの健康に問題があるのではと感じるのです。

そして、悩みを一人で背負い込んでしまったりしてより落ち込んでしまいます。

そうなってくると、ひどい不安を招き、それらを解消するために仕事やネット。ゲーム、ギャンブルなどにのめり込んだり、アルコールを過剰摂取したり、違和感や焦りやイライラが強くなり、もうどうしようもなくなります。

そして、心気的とらわれが強くなり、焦燥感が激しくなってくると、もう誰の声も耳に入らなくなってきます。ほぼ心気症(ヒポコンドリー=hypochondria)の状態です。

これらがうつ病に移行するか、また、心身の重要な病気になるかは時間の問題です。

また、ストレスですが、MRIを使って行なった研究では、強いストレス状況下で感情や記憶の消去をつかさどる脳の部位が委縮していたことが判明したそうです。ストレスはこのような生理的な心身作用にも大きな影響を与えますから、ストレスをためておくことは、よりそれらを進行させ、または原因にもなると言うことです。

その前に、やれることがあるはずですが、病院に行くほどでもなく、漢方薬を飲もうとも、何かスポーツをやろうが、友達と会おうとも気力が湧いてきません。

 それならいっそ気力が湧いてこないまま、根本的な生命力を呼び起こす方法があります。

これが、武当派の太極拳に伝わる内丹術です。
内丹術は、完全にリラックスした状態で先天の気という生命力の気を呼び起こしていきます。
その生命力の気に押し上げられることで自然と人間社会で生きていくための気力を湧き起こしていく方法です。

太極拳は、完全な放鬆状態から、発勁ができる武道です。
放鬆状態はいうなれば、気を沈めている状態です。その状態から気を立ち上げるという技術が完成されている希な武道です。
そのために、様々な修養方法が長い歴史の中で伝承されています。
大切なことは、気力が湧いてこないのであれば、同じように気を沈めている仲間と一緒にいながら内丹術を行い、生命力自体の気を高めることです。太極拳では生命力自体の気を先天の気といいます。

後は、先天の気に押し上げられ、自然と後天的な気が起き上がってきます。後天的な気を引き上げようと無理をすればするほど、結果は悲惨なものになりがちです。
ある程度生命力が持ち上がってくれば、自分自身の「生き方」を広い視野で考え直してみるのも良いかもしれません。太極思想や道「タオ」が考え直すためのヒントにもなるかも知れません。

このように私は、自立厚生の立場から、太極拳の内丹術を積極的に提供していくべきと感じました。

私は、夕食後は妻と二人で内丹術を生活に取り入れ、そのまままどろみながら、まるで胡蝶の夢(夢か現実かわからない)のような世界を体験しながら、ベッドに入れば、入ったのも忘れるぐらいの数秒で寝てしまい、あっという間に朝を迎えています。

そこで、夜は武道練習をやめていたのですが、大阪や京都で実施していた太極拳の内丹術と瞑想を行う夜間クラスを復活することとしました。当事は瞑想太極拳クラスとして行っていました。

夜間クラスでは、一日に一つくらいは套路の型を存思(そんし)という瞑想でとても緩やかにリラックスして行いますから、楊式太極拳の套路も身につきます。生命力が立ち上がり、後天的な気も元気になれば、本格的に太極拳にも取り組んで下さい。強固な心身が呼び戻されます。

それでは、夜間クラス。ぜひ多くの方のご参加をお待ちしています。

楊家太極拳85式套路

0●準備(指龍・甩手など)1●預備式(よびしき)/2●起(きせい)/3●攬雀尾(らんじゃくび)/4●単鞭(たんべん)/5●堤手上勢(ていしゅじょうせい)/6●白鶴亮翅(はっかくりょうし)/7●婁膝拗歩(ろうしつようほ)/8●手輝琵琶(しゅきびわ)/9●左右婁膝拗歩(さゆうろうしつようほ)/10●手輝琵琶/11●婁膝拗歩/12●進歩搬覧捶(しんぽはんらんすい)/13●如封似閉(にょふうじへい)/14●十字手(じゅうじて)/15●抱虎帰山(ほうこきざん)/16●肘底看捶(ちゅうていかんすい)/17●左右倒攆猴(さゆうとうでんこう)/18●斜飛式(しゃひしき)/19●堤手上勢/20●白鶴亮翅/21●左婁膝拗歩(ひだりろうしつようほ)/22●海底針(かいていしん)/23●扇通背(せんつうはい)/24●撒身捶(へいしんすい)/25●進歩搬覧捶(しんぽはんらんすい)/26●上歩攬雀尾(じょうほらんじゃくび)/27●単鞭/28●雲手(うんしゅ)/29●単鞭/30●高探馬(こうたんま)/31●左右分脚(さゆうぶんきゃく)/32●転身蹬脚(てんしんとうきゃく)/33●左右婁膝拗歩/34●進歩栽捶(しんぽさいすい)/35●翻身撒身捶(ほんしんへいしんすい)/36●進歩搬覧捶/37●右蹬脚(みぎとうきゃく)/38●左打虎式(ひだりだこしき)/39●右打虎式(みぎだこしき)/40●回身右蹬脚(かいしんみぎとうきゃく)/41●双峯貫耳(そうほうかんじ)/42●左蹬脚(ひだりとうきゃく)/43●転身右蹬脚(てんしんみぎとうきゃく)/44●進歩搬覧捶/45●如封似閉/46●十字手/47●抱虎帰山(ほうこきざん)/48●斜単鞭(しゃたんべん)/49●野馬分鬃(のまぶんそう)/50●攬雀尾/51●単鞭/52●玉女穿梭(ぎょくじょせんさ)/53●攬雀尾54●単鞭/55●雲手/56●単鞭/57●下勢(かせい)/58●金鶏独立(きんけいどくりつ)/59●左右倒攆猴/60●斜飛式/61●堤手上勢/62 ●白鶴亮翅/63●婁膝拗歩/64●海底針/65●扇通背/66●転身白蛇吐信(てんしんはくだとしん)/67●進歩搬攔捶/68●上歩攬雀尾/69●単鞭/70●雲手/71●単鞭/72●高探馬帯穿掌(こうたんまたいせんしょう)/73●十字腿(じゅうじたい)/74●進歩指とう捶(しんぽしとうすい)/75●上歩攬雀尾/76●単鞭/77●下勢/78●上歩七星(じょうほしちせい)/79●退歩跨虎(たいほほこ)/80●転身擺蓮(てんしんはいれん)/81●湾弓射虎(わんきゅうしゃこ)/82●進歩搬覧捶/83●如封似閉/84●十字手/85●収勢(しゅうせい)/00●胆式

楊澄甫 十訣

1・沈肩垂肘(沈肩墜肘) (ちんけんすいちゅう)

2・含胸抜背 (がんきょうばっぱい)

3・虚靈頂勁 (きょれいちょうけい)

4・鬆腰胯 (しょうようこ)

5・分虚實 (ぶんきょじつ)

6・上下相隨 (じょうげそうずい)

7・用意不用力 (よういふようりょく)

8・内外相合 (ないがいそうごう)

9・相連不断 (いきそうれん)

10・動中求靜 (どうちゅうきゅうせい)

十三勢行功心解

 

以心行氣,務令沉著,乃能收斂入骨。

「心にて気を運行し(心意)、落ち着いているならば、気は収斂して骨髄までに到達する。」

以氣運身,務令順遂,乃能便利從心。

「そして、気にて身を運行し、気に(自然に)従うならば、身は心のままに動くということになる。」

精神能提得起,則無遲重之虞,所謂頂頭懸也。
「このように精(心のままの身体)と神(純粋な心)が起こることを得ることができれば、恐れおののき動きが遅れたり重くなることもなくなるのであり、これが、いわゆる頭頂に気を懸かげるということである。(虚霊頂勁の理合=姿勢の要求ではなく、心と気を一致させている虚無心や不動心のこと。)」

意氣須換得靈,乃有圓活之趣,所謂轉變虛實也。
「意と気が巡り合うことは、あたかも円を描いているような趣があり、いわゆる虚実(陰陽)の転換はこのようなものになる。(太極図の理合)」

發勁須沉著鬆淨,專注一方。立身須中正安舒,支撐八面。

「発勁は落ち着いており、柔らかく清らかであり、それをただ一方に注ぐことである。そして立ち姿は身を偏らず中正でなければならず、そこからおおらかに伸ばしておけば、八面(全ての方向)にその身は気が張り巡らされ支えられている。」

行氣如九曲珠,無往不利。運勁如百煉鋼,無堅不摧。
「そのようにして、九曲珠(数珠のようなもの)のごとく気を巡らせば、順調にいかないところはありえない。またその運動は鋼鉄を百回も練るような、いかなるものをも打ち砕くような強大な力を生み出す。」
形如搏兔之鶻。神如捕鼠之貓。靜如山岳,動如江河。

「うさぎにつかみかかる様なハヤブサのごとく身の動き(形=精)と、猫がネズミを捕らえるがごとく心(神)は、静かなるときは山岳のようで、動くときはま大河のようである。」

蓄勁如張弓,發勁如放箭。曲中求直,蓄而後發。

「弓を張るように勁を蓄え、矢を放つように勁を発する。曲がる中でも真っ直ぐの勁道を求めて、勁を蓄えてから勁を発する。(纏糸勁の理合)」

力由脊發,步隨身換。收即是放,斷而復連。

「脊椎からの力は、歩みと身の動きに変換していく。その力は収まったところからすぐに放たれ、無くなってはまた現れるようにしてずっと連なっていくものである。(沾粘勁の理合)」

往復須有摺疊,進退須有轉換。

「往復(左右の動き)には摺疊(扇を広げて閉じるような動き)があり、進退(前後の動き)には陰陽(虚実)の転換がある。(五行の理合)」

極柔軟然,後極堅剛。能呼吸,然後能靈活。

「このような柔軟な動きを極めてこそ、その後に極めて堅剛になるというものである。そして呼吸(吐納法)を会得した後に、柔軟で自由自在な境地を得るのである。」

氣以直養而無害,勁以曲蓄而有餘。

「気は真っ直ぐに素直に養うことでのみ無害であり、勁は円曲の中に蓄えてのみ、積み重なって蓄え残るものである。(気と勁の修練の理合)」

心為令,氣為旗,腰為纛。

「純粋な心のなすがままに、そのなすがままを令として、気はその旗を掲げ、腰はその旗にたなびくものである。(鬆腰の理合)」

先求展開,後求緊湊,乃可臻於縝密矣。

「まずは、おおらかに広がる動きを求め(大架式)、その動きの後に、隙の無い動き(小架式)を求めていく。そのようにして綿密な動きが整っていくものである。」

又曰。先在心。後在身。腹鬆。気斂入骨。神舒体静。刻刻在心。切記一動無有不動。一静無有不静。牽動往来気貼背。斂入脊骨。内固精神。外示安逸。邁歩如猫行。運動如抽絲。全神意在精神。不在気。在気則滞。有気者無力。無気者鈍剛。気若車輪。腰如車軸。

「又言う。心がまずあって、その後に身がある。腹は鬆(スポンジのようにやわらぐ)のように備え。気は背骨の随に入れ込む。精神は暢やかにして、身体は静かに清らかにし、どんなときでも移り変わっても心(心意)がいつもある。-動く時は,動かないようなところも含めて全て動き、静かなときは,静かでないところも含めて全て静かである。-このところはしっかり覚えておくことである。背に気を貼り付けて、身の往来(行ったり来たり)を動かすのであり、その動きはまた脊椎に戻し入る。そのようにして精神は内に固まっていく。外はのんびりと穏やである。そして進む時は猫のように漫然と進み、身の動きは糸を紡ぐようである。全ての純粋な心とその意(心意)は、すでに、その身と心に充満しており、すでに気にあるのではない。気にあるならそこですぐに滞る。すなわち、気にあるものは力がなく。気に無いものが真に強いのである。気はもし車輪のようなものであれば、腰は車軸である。」

太極拳経

太极拳経 王宗岳著 (王宗岳氏は武当派楊式太极拳の中興の祖です。)

太極者無極而生。陰陽之母也。動之則分。靜之則合。無過不及。隨曲就伸。人剛我柔謂之走。我順人背謂之黏。動急則急應。動緩則緩。雖變化萬端。而理為一貫。由著熟而漸悟懂勁。由懂董董勁而階及神明。然非功力之久。不能豁然貫通焉。虛靈頂勁。氣沉丹田。不偏不倚。忽隱忽現。左重則左虛。右重則右杳。仰之則彌高。俯之則彌深。進之則愈長。退之則愈促。一羽不能加。蠅蟲不能落。人不知我。我獨知人。英雄所向無敵。蓋皆由此而及也。斯技旁門甚多。雖勢有區別。概不外乎壯欺弱。慢讓快耳。有力打無力。手慢讓手快。是皆先天自然之能。非關學力而有為也。察四兩撥千斤之句。顯非力勝。觀耄耋能禦眾之形。快何能為。立如平準。活似車輪。偏沉則隨。雙重則滯。每見數年純功。不能運化者。率自為人制。雙重之病未悟耳。欲避此病。須知陰陽相濟。方為懂勁。懂勁後。愈練愈精。默識揣摩。漸至從心所欲。本是捨已從人。多誤捨近求遠。所謂差之毫釐。謬以千里。學者不可不詳辨焉。是為論。

※太极拳経は太極拳論とも呼ばれ、武当山の太極拳(当事は太極拳法)の高手である王宗岳氏が、太極拳の理解と、太極拳の修行すなわち、練習の心得やその要綱について論じたものです。

【文語訳】

太極は無極より生まれる。陰陽の母である。動けば則ち分かれ、静まれば則ち合す。過ぎることも及ばざることもなく、曲に随い伸に就く。(相手が曲がるとすぐに伸びる)人が剛であれば我は柔である、これを走という。我が順であれば人は背である、これを粘という。

動くこと急なれば、則ち急にして応ず。動くこと緩なれば、則ち緩にして随う。変化が万端(いろいろある)であっても理は一貫している。着(技)が熟練してくることで、漸く勁をさとる。勁をさとることによりて(理)階(レベル)は神明に及ぶ。然るも力を用いることの久しきに非ざれば、(*しかし、力を用いることを長い間行わないで「修行した」なら)豁然として貫通する能わず。(*突然、貫通、すなわち太極拳を極める悟りを得ることができる)

頂の勁を虚領(無念無想)にして、気は丹田に沈める。偏せず倚よらず、忽ち隠れ忽ち現る。左重ければ則ち左は虚ろ、右重ければ則ち右は杳し。仰ぎては則ちいよいよ高く、俯しては則ちいよいよ深し。進みては則ちいよいよ長く、退きては則ちいよいよ促す。軽やかな一羽も影響することもなく、小さな一蝿も落ちて影響を加えることもない。 人は我を知らず、我独りが人を知る。 英雄の向かうところ敵無きは、すなわち皆これによりて及ぶのである。

この技(拳法)の旁門(流派)は、はなはだ多し。勢は区別ありといえども、おおむねは弱を欺き、慢(ゆっくり)は快(はやい)に譲るに外ならず。力有る者が力無き者を打ち、手の慢き者が手の快き者に譲る。これ皆、先天自然の力学であり、 力(勁)を学ぶことで得たものでは無い。察せよ、四両(極小さな力)も千斤(重いもの)を撥く(はねのける)の句を、力に非ずして勝つこと顕らかなり。観よ、耄耋(老人)が衆(大勢)を動かすさまを。 速さでどうして動かせるのか。 立てば平準(はかり)の如く、動けば車輪に似たり。深みに偏れば則ち崩れ、双重なれば則ち動きは滞る。

毎に見る、数年純功(稽古)するも運化(運用)を能わざる者は、 おおむね自ら人に制せらるるのは 双重の病をいまだ悟らないからである。

この病を避けんと欲すれば、すべからく陰陽を知るべし。 粘は走、走は則ち粘。 陰は陽を離れず、陽は陰を離れず、陰陽相済して、まさに勁をさとる。 勁をさとりてのちは、いよいよ練ればいよいよ精なり。黙と識り(ただ黙々と繰り返す)、瑞摩(研究錬磨)すること漸くにして心の欲するところに従うに至る。

本(本来)はこれ己を捨て人に従うを、多くは誤りて近きを捨て遠きを求む。いわゆる差は毫釐(わずか)、誤りは千里(遙か遠く)なり。学ぶ者は詳しくわからないまま見極めてはならない。これ論と為す。