太極拳の内丹勢法 #5 双按から、転動の勢

■坐道

八卦掌(清朝の宦官が創始したと言われる八卦掌とは違う)

太極拳の勢によって掌が玄妙に変化する。腰から始まる勢いのみによって、掌が八卦に変化することを経験する。

古くは太極拳の套路の中に多くの八卦掌と名の付く套路が多くあったが、最近まで残っていた武当古式太極拳には、纏手八卦掌、独立八卦掌のみが残存している。

■双按から、転動の勢

通常は双按の右腕を外側に引っ張ると… 続きを読む

太極拳の内丹勢法 #4 按勢

坐道

開合勢と上下昇降勢の違い

開合は膨張と収斂 上下昇降は立身中正の上下昇降に応じて生じる

按勢

昇按の実験(擠勢の終了時の無極勢から発せられる昇勢)

相手の左手首を持って、相手の左上腕を托掌で昇勢を発すると、相手の体は浮き上がりつま先立ちになる。

■招式 托柱架樑 倒攆猴の勢を使う場合も、按勢を使用する場合も、同じ昇勢が発せられる。

開合勢と上下昇降勢の違いの実験

相手に右拳で打ち込んでもらう それを掤勢で… 続きを読む

太極拳の内丹勢法 #3 擠勢から按勢へ

坐道

収斂座

親指を合わせ、腹の前で片手で片手を包む結び手である「玉手(ぎょくしゅ)」とし、体中の穴を締めるようにする「収斂坐」。

膨張坐

開坐をより膨らませ、最も膨張した座り方となる「膨張坐」。膨張坐は、膝の上で大きく掌を上にして広げる「開掌」で行います。

会合座は、体の勢いを開いていく、または閉じていくだけの勢いだが、収斂座はその収斂の極致に至り、膨張坐はその膨張の極致至る。(擠勢と扌朋勢の関係)

坐道でその収… 続きを読む

太極拳の内丹勢法 #2 鬆腰・扌履勢から擠勢へ

■鬆腰

坐道 揺身坐 上半身のみで龍脈を通る勢いにて体を揺らす。筋肉が張ったり、動きが止まったり、意識的に体を動かさないと動かないところが『破綻』。その手前に生まれる均衡反射にて身体が揺らぐ。

※体重移動や、足を使った転身などが使えないので、腰より上でのみ太極拳の勢が巡る。套路は、腰より下の下半身と、腰より上の上半身は、全て鬆腰の収斂と発散が主になっていることを経験する。坐道は、上半身。

(補足)一時的な、腰痛解消。例… 続きを読む

太極拳の内丹勢法 #1 甩・掤勢・扌履勢

 

甩手 収斂と発散の両極の甩手を練習

太極拳の手の基本は甩手である。

甩の字は、「用」という漢字は、柵の中に動物を飼い、犠牲に用いたことから生まれた漢字ですが、そこから出して自由にするという意味です。そこから、ふりまわす。なげる、放るなどの意味があります。

甩手は簡単な動作で、その甩を修得します。両極の型をやっておけば、中間にある様々な甩手もできます。

套路も全て、甩です。

ですから、太… 続きを読む