倒攆托臂とその解法から散手対打

2016/6/19武道クラス
20160619_4 相手が右捶を我の顔面に打ってきたら、右足を退歩し倒攆猴の勢で、その捶勢に随勢で随いながら、我の右手は相手の右腕に外から沾勢で貼り付き、我の左手は相手の上臂に下から受けるようにして沾勢で貼り付きながら、倒攆猴の退歩の勢で右足に重心を移しながら、左手を托勁、右手を採勁で粘勢で粘ると連勢で沖和し、沖和したところから相手の捶勢をそのまま借勢して、化勁として発した倒攆猴の天秤勁(十字勁の一種)の発勁を行うと、相手は上方に飛び上がる。その時に同時に左足で相手の右脇腹に倒攆猴脚などの踢脚を発したり、摔角や擒拿術などの各種攻撃を行う。我の中心に我の両手の勢が交差するまで化勁を行う擒拿術は交差勁の発勁であり、そのまま相手を上方に固定しながら連行できる。これは懐中抱柱。(ここでは踢脚と懐中抱柱だけを示範した)… 続きを読む

転身按と拳推手・転身按後摔

2016/6/19武道クラス
20160619_3 転身按の練習
相手が右手で我の右手を掴み、我の体の前方へ押し込みながら、我の体勢を左後方へ崩してくる。相手の勢は指襠捶の捶勢である。それを随勢で随うのだが、我の右手が我の前面の正中に来たとき、相手の捶勢が巧く働いたときには、あらゆる経絡は任脈に勢を向かわせ、我の右脇は合経となる。そして、合経を行き過ぎさせれば、経絡は折れて気勢の脈流は切断され死勢となる。これは、太極拳において、沾粘随連走化などの諸勁以外にある、節拿抓閉の技撃勁の一つである節勁である。この勢は古式85式には套路の中に含んである。今回の練習はここを重点的に行う。解法としては、その前に沾勢を働かせ、相手の捶勢に丹田が貼り付くと、後方に坐勁が生まれながら、相手の捶勢を走勢で走らせることができ、無極勢が生まれる。無極勢は高度な連勢であり、相手は勢が行きすぎ空虚となり完全な沖和となる。沖和したところで、我は右手を粘勢で粘りながら翻して、相手の右腕に我の手を上から粘らせ、左手を相手の前臂に貼りつけ、相手の正中に向かって双按の按勢を発する。相手は、それに随勢で随うのだが、相手の右臂が相手の前面に来たとき、我の按勢が巧く働いたときには、相手の右脇は合経となる。そして、合経を行き過ぎさせれば、経絡は折れて気勢の脈流は切断され死勢となり、相手は、その前に沾勢を働かせ、我の按勢に丹田が貼り付くと、後方に坐勁が生まれながら、我の按勢を走勢で走らせることができ、無極勁が生まれる。我は勢が行きすぎ空虚となり完全な沖和となる。沖和したところで、相手は右手を粘勢で粘りながら翻して、我の右腕に相手の手を上から粘らせ、左手を我の前臂に貼りつけ、我の正中に向かって双按の按撃を発する。そして双方、繰り返して練習する。これは拳推手である。… 続きを読む

散手対打 進歩捶拳-倒攆摟膝拗歩-左攔-如封似閉

2016/6/19武道クラス
20160619_2 相手との間合い。一足一拳の距離を保ち、相手の圏内に一足入り込み拳を打つ技法(進歩捶拳)
相手が左前、我も左前の場合、相手は右進歩で我の円圏の左側に入り、我の顔面急所に右捶拳を打ってくる。その右圏捶に随勢で随い、相手の拳を走勢で走らせる。構えているとき我の左前の円圏は満である。その満に向かって相手が入り込んできたときに、即座に左足を退歩して空にする。相手の捶拳はこの空で発勁が終わる。この退歩の勢は倒攆猴の流転の勢である。これも分虚実の勢であり、陰陽転換の術である。これは、主に倒攆猴のの退歩で稽古する。… 続きを読む

斜分脚に対する転身による技撃術

2016/6/19武道クラス
20160619_1①分脚の各種示意で行った整体の成果を確認。その分脚を使用して、相手の腹部前急所への斜分脚(斜踢脚)を練習。
腹部前側の経穴は入り口が小さいため、靴を履いている場合は靴先で蹴り込む。靴の中は前足底を出した蹴り方(踢脚)になる。通常は我の左脇腹に対する、相手の右斜踢脚に対して、左顧勢において套路と反対回りの外雲手で蹴りを受ける。相手の右回し蹴り(斜踢脚)を、外雲手の十字勁で挟み受け、同時に相手の金的などに分脚を蹴り込む。相手の蹴りの勢が我の身体の内側に斜めに走るので、それに随勢で随った左顧勢により、歩法は歇歩で、我の急所の有る身体を満から空にする。相手の我が身の満たされた場所に爆発する蹴りの発勁は、相手の勢を走らせたことによりここで消滅する。我が身を空にしてそこで爆発させる技術は、分虚実の勢であり、陰陽転換の術である。これは、主に進歩搬攔捶の前過渡式の歇歩で稽古する。… 続きを読む

楊式太極拳における擒拿術と解法の原理

2016/6/12武道クラス
20160612_2①懐中抱臂に対する解法、相手は我の右腕を両手で掴んで懐中抱臂を仕掛けてくる。それに対して、青龍飛彎にて解法。
相手の扌履勢による懐中抱臂の引勢に粘勢を保ちながら随勢で随い、引勢を走勢で走らせながら、その引勢を我の我の手を龍の頭と見立て龍が彎曲して左方に飛んでいくようにして、その胴である肘がその慣性につられ相手の顎の方に飛び出しながら、我の上腕である龍の尾がそれにつられて飛んでいく様で、相手の円圏の中に入っていく。これは化勁であり借勁である。相手の引勢を借りて龍を左方に勢いよく彎曲して飛ばすのである。その過程で我の肘が相手の顎の急所に当たるのも良い上、我の手である龍の頭は、相手が掴んだ両手に粘勢で絡み、沖和して連勢となり、包球勢(抱掌)の発勁にてするりと解いていく解法となる。抜いた右腕でそのまま上勢の発勁を相手の右頸動脈洞などに手刀で打ち込む。… 続きを読む

分脚の各種示意

2016/6/12武道クラス
20160612_1分脚は体の軸に対して真っ直ぐに発せられ、鬆跨においては開経となる。真っ直ぐに勢を発する為の勁道を確認しながら、整体を施す方法を最初に行った。鬆跨における開経と、身体に対して真っ直ぐ上がる膝、膝と同じ方向に伸びることができる爪先の屈伸を行う。(鏡を見て行った)
上半身を套路と同じく撑勁を併せて行ってみる。※撑勁は、相手の攻撃を受けて同時に分脚を発することを想定している。胸を開くようにして、両臂で外に開く勁が撑勁… 続きを読む

採腕圏捶と解法

2016/6/5武道クラス
20160605_7(拳脚)採腕圏捶//相手の右腕を我の左手で掴み採勁(野馬分鬃などの採勢)、我の右腕で圏捶(風捲荷葉勢=上勢の前過渡式*)拳は平拳(へいけん)※劈拳ではない※右足を一歩出して打つ場合は、進歩採腕圏捶
(解法)随勢/我は側行歩で右へ、沾勢/相手の左腕に我の右腕を貼りつけながら、走勢/相手の採勢の勢いを走らせて、化勢/我の勢いに変化させながら、粘勢/包球勁の蓄勁で相手の左腕に我の右腕を粘らせると、連勢/相手と融合して沖和で連なる。相手と我が一体となる無極勢となり、無極勢から我の発勁を放つ。包球勁の発勁(抱掌の型)で解法となり、ここでは解法から撩拳(撇身捶に含まれる)と、射虎拳(射虎)で打撃する。※一部擒拿術紹介・反臂切腕(解法せずに海底針の勢を使用して沈勁を相手の椀部尺骨側急所に落とす)… 続きを読む

単鞭鈎手による解法から鈎手拳

2016/6/5武道クラス
20160605_6右手を左手で引っ張られた場合の解法。
相手が我の右手を左手で引っ張った場合、引っ張る側の勢は引勢である。引勢は任脈に向かうため、その勢は相手の腹側内に向いていく。その引勢に随う随勢により、相手の引勢に沾勢で貼り付きながら走勢にて走らせ、糸巻きを巻くように粘勢で内に粘り、(随勢からここまでが纏糸勁)連勢で沖和して繋がったところで、単鞭の鈎手(こうしゅ)の環流勁の発勁で解法、解いたその手でそのまま鈎手拳を相手の顔面急所に打つ。(沖和からここまでも纏糸勁※解法から逆転)喙鹰手(鈎手の鈎尖で相手の急所を打つ)なども使用できる。… 続きを読む

青龍出海から射虎拳

2016/6/5武道クラス

20160605_3相手に我の右手を捕まれ引っ張られたときの解法・抱掌勢による包球勁(引かれると随勢連勢走勢沾勢粘勢で蓄勁、粘勢化勢で発勁で解法して包球勁完成後、抱掌勢を蓄勁として射虎勢で射虎拳(彎弓射虎後半)※中国拳法では多用される、青龍出海の楊式太極拳版※解法において龍の勢(纏糸勁)を使用

■詳細及び記録動画

※本日の練習の相対招式の技術を詳細に記載しています。要訣など、随時加筆していきます。… 続きを読む

斜飛に対する金鶏檸臂(斜飛式・大扌履・金鶏独立)及び太極整体

2016/6/5武道クラス
20160605_2相手が斜飛式の勢で我を右方向に崩してくる。(ここで想定される相手の攻撃は、横腹の急所への拳撃、または、反転して扛反臂(一柱頂天)や摔角などを行ってくる。※相手の攻撃は省略
相手の斜飛勢に、随沾引走化粘連による大扌履にて右顧して、金鶏独立による発勁にて金鶏檸臂(擒拿術)

金鶏独立の十字勁(上下に身前の站椿を滑らせる勢い)と、裏勁(身中に巻き込む勢い)を修練する。

完成した十字勁を維持する(擒拿術)と、我の体は解放され自由自在に動く。金鶏独立の十字勁を維持していれば、相手を盾にしたり、右手左手を変えて、衆敵に対応することができる。… 続きを読む