楊式太極拳における擒拿術と解法の原理

2016/6/12武道クラス
20160612_2①懐中抱臂に対する解法、相手は我の右腕を両手で掴んで懐中抱臂を仕掛けてくる。それに対して、青龍飛彎にて解法。
相手の扌履勢による懐中抱臂の引勢に粘勢を保ちながら随勢で随い、引勢を走勢で走らせながら、その引勢を我の我の手を龍の頭と見立て龍が彎曲して左方に飛んでいくようにして、その胴である肘がその慣性につられ相手の顎の方に飛び出しながら、我の上腕である龍の尾がそれにつられて飛んでいく様で、相手の円圏の中に入っていく。これは化勁であり借勁である。相手の引勢を借りて龍を左方に勢いよく彎曲して飛ばすのである。その過程で我の肘が相手の顎の急所に当たるのも良い上、我の手である龍の頭は、相手が掴んだ両手に粘勢で絡み、沖和して連勢となり、包球勢(抱掌)の発勁にてするりと解いていく解法となる。抜いた右腕でそのまま上勢の発勁を相手の右頸動脈洞などに手刀で打ち込む。… 続きを読む

掤扌履撅指と擒指法

2016/6/5武道クラス
20160605_5撅指法解説※指を拈るだけでは、撅指ができない。三節の理で行う。
(示意 掤扌履撅指)我の服の右上袖を、相手の左手で捕まれて引っ張られたときの擒拿術(相手のその後の攻撃は引勢側頭撃や右踢脚、右圏捶など)

相手の引勢に随勢で従いながら、沾粘勢の掤勢で貼り付いて相手の引勢を走らせた走勢で左臂に我の右臂を粘らせながら、相手と連勢で連なって沖和し、化勢で我の勢に変化し、掤勢の我の左手で相手の左手を龍口で噛みながら、扌履勢(攬雀尾・主に外を練習、内もあり)にて相手を我の内に履き込むと同時に相手を背勢(無力化)にしながら、相手の左手を龍口の下顎にのせて噛むように擒拿して、相手の掌を合経で殺す。殺したところに、我の右手で相手の親指を前方にひねり出すように撅指する。この勢は高探馬の勢である。少しだけでも強烈な痛みがあり、勢が強めなら体中に電気が走るほどの痛みである。高探馬の勢が一挙に発勁となると親指は簡単に折れる。… 続きを読む