斜分脚に対する転身による技撃術

2016/6/19武道クラス
20160619_1①分脚の各種示意で行った整体の成果を確認。その分脚を使用して、相手の腹部前急所への斜分脚(斜踢脚)を練習。
腹部前側の経穴は入り口が小さいため、靴を履いている場合は靴先で蹴り込む。靴の中は前足底を出した蹴り方(踢脚)になる。通常は我の左脇腹に対する、相手の右斜踢脚に対して、左顧勢において套路と反対回りの外雲手で蹴りを受ける。相手の右回し蹴り(斜踢脚)を、外雲手の十字勁で挟み受け、同時に相手の金的などに分脚を蹴り込む。相手の蹴りの勢が我の身体の内側に斜めに走るので、それに随勢で随った左顧勢により、歩法は歇歩で、我の急所の有る身体を満から空にする。相手の我が身の満たされた場所に爆発する蹴りの発勁は、相手の勢を走らせたことによりここで消滅する。我が身を空にしてそこで爆発させる技術は、分虚実の勢であり、陰陽転換の術である。これは、主に進歩搬攔捶の前過渡式の歇歩で稽古する。… 続きを読む

斜飛に対する金鶏檸臂(斜飛式・大扌履・金鶏独立)及び太極整体

2016/6/5武道クラス
20160605_2相手が斜飛式の勢で我を右方向に崩してくる。(ここで想定される相手の攻撃は、横腹の急所への拳撃、または、反転して扛反臂(一柱頂天)や摔角などを行ってくる。※相手の攻撃は省略
相手の斜飛勢に、随沾引走化粘連による大扌履にて右顧して、金鶏独立による発勁にて金鶏檸臂(擒拿術)

金鶏独立の十字勁(上下に身前の站椿を滑らせる勢い)と、裏勁(身中に巻き込む勢い)を修練する。

完成した十字勁を維持する(擒拿術)と、我の体は解放され自由自在に動く。金鶏独立の十字勁を維持していれば、相手を盾にしたり、右手左手を変えて、衆敵に対応することができる。… 続きを読む