斜分脚に対する転身による技撃術

2016/6/19武道クラス
20160619_1①分脚の各種示意で行った整体の成果を確認。その分脚を使用して、相手の腹部前急所への斜分脚(斜踢脚)を練習。
腹部前側の経穴は入り口が小さいため、靴を履いている場合は靴先で蹴り込む。靴の中は前足底を出した蹴り方(踢脚)になる。通常は我の左脇腹に対する、相手の右斜踢脚に対して、左顧勢において套路と反対回りの外雲手で蹴りを受ける。相手の右回し蹴り(斜踢脚)を、外雲手の十字勁で挟み受け、同時に相手の金的などに分脚を蹴り込む。相手の蹴りの勢が我の身体の内側に斜めに走るので、それに随勢で随った左顧勢により、歩法は歇歩で、我の急所の有る身体を満から空にする。相手の我が身の満たされた場所に爆発する蹴りの発勁は、相手の勢を走らせたことによりここで消滅する。我が身を空にしてそこで爆発させる技術は、分虚実の勢であり、陰陽転換の術である。これは、主に進歩搬攔捶の前過渡式の歇歩で稽古する。… 続きを読む

分脚の各種示意

2016/6/12武道クラス
20160612_1分脚は体の軸に対して真っ直ぐに発せられ、鬆跨においては開経となる。真っ直ぐに勢を発する為の勁道を確認しながら、整体を施す方法を最初に行った。鬆跨における開経と、身体に対して真っ直ぐ上がる膝、膝と同じ方向に伸びることができる爪先の屈伸を行う。(鏡を見て行った)
上半身を套路と同じく撑勁を併せて行ってみる。※撑勁は、相手の攻撃を受けて同時に分脚を発することを想定している。胸を開くようにして、両臂で外に開く勁が撑勁… 続きを読む