採腕圏捶と解法

2016/6/5武道クラス
20160605_7(拳脚)採腕圏捶//相手の右腕を我の左手で掴み採勁(野馬分鬃などの採勢)、我の右腕で圏捶(風捲荷葉勢=上勢の前過渡式*)拳は平拳(へいけん)※劈拳ではない※右足を一歩出して打つ場合は、進歩採腕圏捶
(解法)随勢/我は側行歩で右へ、沾勢/相手の左腕に我の右腕を貼りつけながら、走勢/相手の採勢の勢いを走らせて、化勢/我の勢いに変化させながら、粘勢/包球勁の蓄勁で相手の左腕に我の右腕を粘らせると、連勢/相手と融合して沖和で連なる。相手と我が一体となる無極勢となり、無極勢から我の発勁を放つ。包球勁の発勁(抱掌の型)で解法となり、ここでは解法から撩拳(撇身捶に含まれる)と、射虎拳(射虎)で打撃する。※一部擒拿術紹介・反臂切腕(解法せずに海底針の勢を使用して沈勁を相手の椀部尺骨側急所に落とす)… 続きを読む

採腕側頭撃から解法(採勢・上勢・高探馬・転動挒)

2016/6/5武道クラス
20160605_1(拳脚)採腕側頭撃=相手の左肩を按で押さえて同時に相手の右手首を採で捕らえ身体を固定して、右足を踏み込んで相手の太陽穴に対して側頭撃
(解法)右手首に採勢を感じたら即座に、随勢//その勢いに従い、沾勢//我の身中に相手の勢に貼り付きながら、引勢//引き込み、走勢//相手の勢を走らせ、化勢//我の勢に変化させて、粘勢//右手を相手の右手に粘らせて、連勢//相手と連なり沖和して蓄勁、高探馬の勢により腰腿で発勁して解法となる。ここまでの、随沾引走化粘連の勢いから完成した勁を紬糸勁という。同時に左足を進歩して、または右足を上歩して転動勢により臂鎌拳挒… 続きを読む