青龍凌空と青龍探海

2016/6/12武道クラス
20160612_3 相手に我の右手を両手で捕まれ、真っ直ぐに引っ張られたとき、相手の勢は両手を結んでいるので内に向かい、相手の手にある勢は腕から肘、肩へと向かっていく、この勢を折畳の勢という。折畳の勢に随勢で随いながらその勢を走勢で走らせ、相手の勢の圏内に沾勢で貼り付きながら、金鶏独立の裏勢に化勢で変化していくと、相手の両手の間に連勢が生まれ沖和したところで、裏勢の粘勢により発勁すると解法となる。(ここでは行っていないが)解くと同時に右膝撃や、解いた手の環流勁をそのまま沈勁による発勁や、提手上勢の勢を使用して、相手の右頸動脈洞への手刀、または頸部への上勢による臂刀拳などを行う。… 続きを読む

青龍出海から射虎拳

2016/6/5武道クラス

20160605_3相手に我の右手を捕まれ引っ張られたときの解法・抱掌勢による包球勁(引かれると随勢連勢走勢沾勢粘勢で蓄勁、粘勢化勢で発勁で解法して包球勁完成後、抱掌勢を蓄勁として射虎勢で射虎拳(彎弓射虎後半)※中国拳法では多用される、青龍出海の楊式太極拳版※解法において龍の勢(纏糸勁)を使用

■詳細及び記録動画

※本日の練習の相対招式の技術を詳細に記載しています。要訣など、随時加筆していきます。… 続きを読む