なぜイチローは「ウェイトトレーニング」をパタッとやめたのか? – まぐまぐニュース!

何も言うことはありません。古式の楊式太極拳の無為自然。いつもイチローさんの名を上げて、門下には太極拳の動きの例として使わせて頂いています。正にこのとおりです。


イチロー選手は、42歳となった今もトップ選手であり続けています。バッティングはもちろん、走力、フィールディング、送球などに衰えは見えず、大きなけがもありません。

また、ベテラン選手になると体つきが変わってしまうものですが、イチロー選手の体は見るからにシャープかつ柔軟。どのような体作りを行っているのか、プロの間でも興味の的となっています。

イチロー選手も、トレーニング方法には試行錯誤があったといいます。一時期、メジャーリーガーのパワーに対応するため、ウェイトトレーニングでの筋力アップに力を入れていた時期があったといいますが、それをやめたそうです。

その理由は、ウェイトトレーニングを行うと目に見えて筋肉が大きくなるので、うれしくなって続けるものの、実際の野球のプレイをすると、体の回転が鈍くなり、スイングスピードが落ちてしまう事に気づいたから。また、筋肉を大きくすると、それを支える関節や腱など、自分がもともと持つ、鍛えにくい部位とのバランスが崩れ、故障しやすくなるとも感じたからだそうです。

イチロー選手は、冗談めかして、面白い表現をしていました。「トラやライオンは、(獲物をとるために)ウエイトトレーニングはしないでしょう」。

情報源: なぜイチローは「ウェイトトレーニング」をパタッとやめたのか? – まぐまぐニュース!

No tags for this post.

コメントを残す