倒攆托臂とその解法から散手対打

2016/6/19武道クラス
20160619_4 相手が右捶を我の顔面に打ってきたら、右足を退歩し倒攆猴の勢で、その捶勢に随勢で随いながら、我の右手は相手の右腕に外から沾勢で貼り付き、我の左手は相手の上臂に下から受けるようにして沾勢で貼り付きながら、倒攆猴の退歩の勢で右足に重心を移しながら、左手を托勁、右手を採勁で粘勢で粘ると連勢で沖和し、沖和したところから相手の捶勢をそのまま借勢して、化勁として発した倒攆猴の天秤勁(十字勁の一種)の発勁を行うと、相手は上方に飛び上がる。その時に同時に左足で相手の右脇腹に倒攆猴脚などの踢脚を発したり、摔角や擒拿術などの各種攻撃を行う。我の中心に我の両手の勢が交差するまで化勁を行う擒拿術は交差勁の発勁であり、そのまま相手を上方に固定しながら連行できる。これは懐中抱柱。(ここでは踢脚と懐中抱柱だけを示範した)… 続きを読む

斜飛に対する金鶏檸臂(斜飛式・大扌履・金鶏独立)及び太極整体

2016/6/5武道クラス
20160605_2相手が斜飛式の勢で我を右方向に崩してくる。(ここで想定される相手の攻撃は、横腹の急所への拳撃、または、反転して扛反臂(一柱頂天)や摔角などを行ってくる。※相手の攻撃は省略
相手の斜飛勢に、随沾引走化粘連による大扌履にて右顧して、金鶏独立による発勁にて金鶏檸臂(擒拿術)

金鶏独立の十字勁(上下に身前の站椿を滑らせる勢い)と、裏勁(身中に巻き込む勢い)を修練する。

完成した十字勁を維持する(擒拿術)と、我の体は解放され自由自在に動く。金鶏独立の十字勁を維持していれば、相手を盾にしたり、右手左手を変えて、衆敵に対応することができる。… 続きを読む