今を生きる極意

今日2012年5月21日 午前7時34分。太極拳の套路を終えて、空には薄雲の合間から金環日食が。

デジカメで写真を撮影。まぶしすぎて金環はわかりませんでしたが、肉眼ではしっかりと見えました。

人は一瞬を切り取る写真に心を寄せます。

人生とはこの一瞬に全てがあり、命はここで輝いている。

私は、このように感じて生きています。写真はこの一瞬を切り取る。通じるものです。

インド独立の父。マハトマ・ガンディーの残した言葉がFaceBookで紹介されていました。

「明日、死ぬと思って生きなさい。永遠に生きると思って学びなさい。幸せとは、あなたが考えることと、あなたが言うことと、あなたがすることの、調和が取れている状態である。 … 重要なのは行為そのものであって、結果ではない。行為が実を結ぶかどうかは、自分ではどうなるものではなく、生きているうちにわかるとも限らない。だが、正しいと信じることを行いなさい。結果がどう出るにせよ、何もしなければ、何の結果もないのだ。」

この瞬間に全ての命があり、未来も過去も、ありのままに、あるがままに。

動画は、刹那の写真の連続したものであり、動いているように見えます。

人生も、刹那の命が連続したものであり、命が続いていきます。

太極拳も、刹那の動きが連続したものであり、技になります。

この瞬間の切り取りが、この金環日食のように、感動的に尊く光り輝いている。全てはこのようなものです。それを自覚し、観じていくこと、これが太極拳の極意です。

また人生の極意にも成ると言うことです。

太極拳の套路はゆっくり動けば動くほど、それを観じる刹那が細かく見えてきます。

人生の動画も、刹那の静止画がはっきりと見えるようになってくると、世界が変わってきます。

このコンテンツはサイトメンバーに限定されています。 あなたが既存のユーザであれば、ログインしてください。新しいユーザは以下のように無料で登録することができます。

既存ユーザのログイン

CAPTCHA


twelve − seven =

   
新規ユーザー登録
*必須項目

コメントは受け付けていません。