太極拳の散手練習

太極拳の練習方法でも、実際に実戦を想定して攻防を行う散手という練習方法があります。
ところが太極拳は自然に出る勢を使う武道のため、一般に行われているようなルールや、一線を超えてはならないという、意識下で使えるものでもありません。
実際に生命を脅かされるような場面に出くわすと、こうすればあのような技を出すなどに考えて、うまくいくことがないことは、実戦経験があるものにとっては当たり前のことです。

私たちの太極拳の練習は、いかに太極拳の長い歴史の中で、先人達が精選して抽出した、人間の根本にある強烈で純粋な勢を、当たり前に使えるかということを練習するものです。

そのために、多くの技を練習しますが、その練習はあくまでその勢をあたりまえに使っていると言うことを忘れてはなりません。

套路は、その勢を持って連続して動けるようにした、素晴らし練習方法です。

しかしながら、実戦で果たしてその勢を一人で套路をやっているときのように、スムーズに当たり前におおらかにリラックスして気持ちよく繰り出すことができるかというと、私たちがやっているような運用練習が必要なのです。

実際に実戦として使えるのは、火事場のくそ力のような、当たり前に考える前に反応する勢による技です。

それをひたすら練習します。それも多くの技を臨機応変に対応できるようにやるのです。

しかし全て勢の実践です。それしかありません。

相手の対応は千差万別です。その時その時に応じて当たり前に自然に技が出るのが太極拳です。

考えない。技を覚えようとしない。こんな時はどうするなどあり得ないのです。

こんな時は、そんなときに合わせて、勢が自然と出るような練習をする。

その練習として技を相対で運用する。この練習理論を理解しているといないでは、大きく太極拳の武道としての習得が変わってきます。

私が大阪で教えている頃は、弟子達が一般人ではありませんでしたから、少々、ダメージを与えても平気でしたから、加減を少なめにして練習をしていました。

しかし調子に乗ってくると太極拳は、図らず大変なダメージを与えてしまいます。そんなときに、活法ができないと大変なことになります。

できても、活法では追いつかないこともあり、病院に行くことも多くありました。今は、仕事を持っている人ばかりですので、教えるときは、あぶないですから、調子に乗らないようにしています。

太極拳を本気で散手などして練習できるはずもありません。いかに、リラックスしていれば、視野が広くて、気持ち良く勢が出るかと言うことを、多く経験しておくことで、いざという場面でその自信が役に立ちますから、わざわざ、殺し合いをすることもありません。又、いくら実戦だと言って仕合をしても、非情で人殺しでなければ、自分が殺されることもない相手を殺すなどできるはずがありません。

ですから、太極拳の散手練習は、お互いにスピードを合わせ、おおらかに、勢を暢やかに、技を掛け合うことが大切なのです。女性でも子供でも老年の方でも同じ勢を持っていますし、変わることがありません。ですから、その勢でおおらかに柔らかく練習しますから、十分安全に太極拳を練ることができるのです。強く撃つことも、強く受けることも、強く握ることも、投げることも必要有りません。

スピードを上げていっても、その勢が失われなければ、そのスピードを上げて練習して、套路で、その勢をじっくりと感覚で伸ばしていきながら、相乗効果で自らの太極拳の勢をより発露させていき、いずれは当たり前に、何の障害もなく技として勢が発勁されるようになるのです。

その自信は、必ず散手練習で身につきます。その自信は套路でより練られ、又散手練習で生かされます。これが太極拳の武道です。

副交感神経を優位にした状態での太極拳の発勁は、相手の動きもゆっくりと見え、又視野も広く、相手の動きに合わせて、下手な考えや深層の癖も執着や緊張もなく、当たり前に自然におおらかに、人間本来の強い生きる力として発せられます。これが、太極拳の神髄です。

このコンテンツはサイトメンバーに限定されています。 あなたが既存のユーザであれば、ログインしてください。新しいユーザは以下のように無料で登録することができます。

既存ユーザのログイン

CAPTCHA


3 × one =

   
新規ユーザー登録
*必須項目