太極拳の武道練習における留意

無過不及。(太極拳経より抜粋)
過ぎることなく、また及ばざることなくという練習方法がとても大切です。
太極拳の全ての技は、殺傷技術です。練習でその技をすさまじい勢に応じて発すると、お互いがその勢を育てる前に身体をこわしてしまいます。リラックスして無理をせず、自然な勢いを楽しんでください。自然な勢いは自律神経や免疫を司る心身のホメオスタシス(恒常性維持機能)を正常にして、より弾力あふれる振り幅の大きいものにしてくれます。
隨曲就伸。人剛我柔謂之走。我順人背謂之黏。太極拳経より抜粋)
円に従って、直に就いていく「隨曲就伸」。
太極拳の相対練習では、最初は陰陽で相対しているところから、相手の動きの求めるままに動き和合して、そして自らのものに一体化してしまうという勢をお互いが感じながら練習していきます。
その練習方法によって、人が剛く(固く強い)力を発していても、我の柔らかな勢によってその力に合わせて動いていき(太極)、勢いを合わせて相手を流して(走らせる)いくという「人剛我柔謂之走」の「走」、また、我の柔らかな勢によって、相手の剛を包み込み同化させ無力化(背勢)する「我順人背謂之黏」の「粘」、という重要な修練を行っているのです。動急則急應。動緩則緩。太極拳経より抜粋)
太極拳の相対練習は、お互いにスピードを合わせて行います。太極拳は実戦においてもそうです。相手が動くことが急であれば、応ずるのも急であり、また相手がゆっくりであれば、こちらもゆっくりと動く「動急則急應。動緩則緩。」ということです。
太極拳は相手の勢を捉え、その勢に自らの勢を合わせ、自らの勢に巻き込んだり、従わせたりする武道です。大切なのは、相手の勢を聞く「聴勁(ちょうけい)」という感受性です。練習においては、勢によって発せられた相手の勁に、自分が修練で思い出した勢を自然に対応させれば良いのです。多くの技を練習したのであれば、その勢の通り道はスムーズにできあがっていますので、リラックスして自然に対応するだけでいいのです。

勁(けい)***勁は自然に発せられる力のことで、回転や弾み、均衡反射、感受力などの潜在的な力の総称です。発することを発勁と言います。意識的に筋力などを使った力のことは、拙力といい区別しています。
雖變化萬端。而理為一貫。太極拳経より抜粋)
変化は様々であっても、そこを貫く理は一つです。「雖變化萬端。而理為一貫。」
王流では、相手の動きに応じた多くの技を練習しますが、そこに流れている勢の理由は、太極拳においては太極、すなわち相対の和合という理です。簡単に言ってしまうと、相反するものが和合して、和合をさせた方が主になるということなのです。
その理から発せられる勢が、相手の変化に応じて多くの技を生みます。その多くの技を練習して、勢を高め、その理をよみがえらせていくのが太極拳です。理は、人間の生存と存在の大いなる活力です。意気揚々と楽しく、おおらかに相対練習を行う事が重要です。

由著熟而漸悟懂勁。由懂董董勁而階及神明。太極拳経より抜粋)
技を多く練っていくと、理と勢の間にある「気」というエネルギーの流れに気づくはずです。その気の在り方を思い出した時に、太極拳は素晴らしい勁「懂勁(とうけい)」を発する武道へと向かっていきます。懂勁とは、勁を悟った勁のことです。
気により、意(心の働き)を用いて勢を起こし、発勁していくことを多くの技で積み重ねていけば、太極拳は「神明」すなわち、当たり前に使える武道の域に達していきます。
そこには、神(しん・根源的な心)気(生命エネルギーの働き)精(人間の生理や身体の全て)の一致があり、練習においてもその時は爽かな快感が伴います。
套路を一人で練習するときも、この爽やかな快感がひとつの上達への目安です。相対練習も套路も同じように、その感覚へ向かっていくことが大切です。

意(い)***用意不用力の意です。意識ではありません。心が働くことを「意」といいます。それを認識するのはその後にある意識です。従って太極拳は意識するよりも先に動くことを心がけます。初級のうちは意識的に動かざるを得ませんが、上達するにつれ用意不用力を目指します。リラックスして自然に任せるということです。

須知陰陽相濟。方為懂勁。太極拳経より抜粋)

太極図が示すように、陰は陽を離れず、陽は陰を離れず、両者は共に不可分であり、陰陽が合一するところに初めて勁のことを悟るのです。
太極拳の練習においては、相対する相手と太極図を描くように、融合しながら色々な技を練習することが大切です。技を掛ける側が練習をするのではなく、双方が陰と陽として、太極拳を修練するのです。

用意不用力(よういふようりき)と放鬆(ほうしょう)

ゆっくりと相対練習を行う場合は、弾みや遠心力などの自然な勢を使う時においても、その過程において、つい余分な筋力を使ってしまうときがあります。太極拳は、できるだけ意識で使える筋力を排除するために、リラックスして筋肉を放鬆(余計な意識的な力を抜いて柔らかにすること)させます。そのリラックスによって、内部の無意識なインナーマッスルが働くのです。相対でも套路でも、型や技を覚えようとするときはなかなか難しいですが、「用意不用力」すなわち、意識的な力を使わず、心の意のままに自然な動きができるようにする、という練習がとても大切です。

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください