意とは

賢明な心・・純粋無為自然な心の意味である。

神明にして、すなわち、その選択をした心のことを「意」というのである。

その選択は何でするのか。

これは「易」である。物事の変化もちろん自分の心の深層の変化を読み取り、その内から最も純粋で賢明なものを選び取る。一瞬である。

易は占いでは無く。変化を読み取るという意味である。陰陽の。日月の。

自然に人間には備わっている。無意識に深層に備わっている。

その易をもって賢明な選択をした心が「意」である。

全て無為自然に行われる。自然の理に沿って。

従って、「意」には「易」という自然の理による変化を読み取る自然な能力。

そしてそれから最も純粋であるものを選び取れる自然な能力。これをあたりまえに思い出しておかないといけない。

「易」感受・・「選択」想念は心の起こりである。

套路でも瞑想や想念をもって行う。

 

このコンテンツはサイトメンバーに限定されています。 あなたが既存のユーザであれば、ログインしてください。新しいユーザは以下のように無料で登録することができます。

既存ユーザのログイン

CAPTCHA


six − five =

   
新規ユーザー登録
*必須項目