攬雀尾の用法

上段突きに対する攬雀尾扌朋勢、扌履勢擠勢

両腕を外から捕まれたときの按勢

両腕を外から内に捕まれたとき、含胸抜背にて相手の手を内に崩し前のめりになったところ、体重を後にかけながら、手を上に上げて伸ばしそのまま、相手が後に体勢を立て直そうとする時に按勢を発する。

このコンテンツはサイトメンバーに限定されています。 あなたが既存のユーザであれば、ログインしてください。新しいユーザは以下のように無料で登録することができます。

既存ユーザのログイン

CAPTCHA


four − 4 =

   
新規ユーザー登録
*必須項目