極へ逝かない

太極拳の心意が求めるところに、先天に戻る。 遡るということ。があります。

社会では後天的な事を積み上げて、進んでいくのが常です。

積み上げて積み上げて老い衰え死んでいく。積み上げることが多ければ老いは加速する。

遡り、遡り、若返り、生まれる前に戻っていく。これが太極拳の心意です。

何事も、極に向かうとその終局を迎えます。極へ逝くということです。

筋肉も鍛えれば鍛えるほど老化します。
努力すればするほど、疲れます。
そしてその対価を求める。

資本主義も・共産主義も行きすぎると。世の常のとおり。

太極拳は先天をよみがえらせる。

先天と後天の融合がそのどちらにも傾かない,中庸を得るのです。

先天も後天も生きているなら当然であり。

その双方を受け入れること。

先天に傾かない。

後天に頼らない、これが人間の大事なところです。

太極拳の虚実・陰陽の運用と同じです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください