武術の動きをそのまま残す。

套路を演じるときは、武術の大切なところを表現するために、発勁を発するときの細かな動きを修練するため、ゆっくりと動く時には膝をつま先より前に出します。
一般的に日本で普及している健康太極拳とこの一部分をとったとしても違うのです。
膝がつま先よりも前に出るのは、発勁の時の纏糸勁の軸の回転の慣性を利用した、運動力学の新たな考えでもあります。
いま、古式太極拳は健康維持としても国連のWHOなどにも公表されたように見直されています。
その動きは武術の本流理論 にも合致しています。又、新たな実験も必要で、それが武術なのです。
古式太極拳を形を壊さず演じている楊式五代劉高明先生の套路と、同じような套路を演じることで、その心意の導きにより、陰陽和合が生まれ、套路の動きはさらに良くなります。
偏見や、局部的な武術性にとらわれていては、太極拳の全体的な姿を見ることはできません。
もっとおおらかに長江大河のごとく、それが太極拳の達人たちの心です。

楊式五代劉高明先生の套路


このコンテンツはサイトメンバーに限定されています。 あなたが既存のユーザであれば、ログインしてください。新しいユーザは以下のように無料で登録することができます。

既存ユーザのログイン

CAPTCHA


fifteen + fourteen =

   
新規ユーザー登録
*必須項目