用法について

用法は示意であるが、意で用いて、目的を示して意識で用いてはならない。

コメントを残す