手揮琵琶の用法

***上下圏捶又は上段二連に対する受けと攻撃 [#n07e113c]
上下の圏捶を手揮琵琶の粘糸勁を使用して前の手のみで受け流し、右蹬脚、又は提手上勢
***上中攻撃の後に右の蹴り同時に対する攻撃 [#sd8cc975]
上中二連の最初の上段を提手の前の手で外へ粘糸勁を発し、中段を後の手で外から内へ粘糸勁を発すると同時に、相手の右蹴りを外雲手で後ろへ流し、右蹬脚や撇身捶で足を固める
***連続する突き攻撃に対する連続受け [#u0f659c6]
上中二連の最初の上段を提手の前の手で外へ粘糸勁を発し、中段を後の手で外から内へ粘糸勁を発する、その後も同じ虚を見つけて右蹬脚や提手上勢を発する。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください