太極拳を教わっていることを誰にも言うな

shapeimage_1-2私が、太極拳を教わり始めたのは20代の時ですが、王師からは「印可を受けるまでは、私から太極拳を教わっていることを誰にも言わないで欲しい」と言われていました。その理由を聞いたところ、「太極拳は自分の家族と一族のみに伝えることになっている。その理由は、心が通え合えないと太極拳は伝わらないからだ」と言われました。そして「心が通じ合っていれば、必ず印可を与えることができる。印可を与えたと言うことは、心が通じ合ったからだ」と言われ、とても納得したことを覚えています。

今は、王師から印可を受けたので、しっかりと王氏の名前を表面に出していますが、確かに、今、様々な流派の多くの太極拳の協会や団体が、日本にて活動していますが、どのように心が通じ合ったから、日本人は中国の人から太極拳を真に教わったのでしょうか。とても興味があるところです。太極拳は用意不用力です。意とは心の働きそのものです。心にて全てできあがっているのが太極拳です。まして、太極拳などの武道は中国の人たちの心の奥にある誇りのようなものです。その誇りのようなものを、心が通じ合ってもいない人たちに伝授するところには、どのような理由があるのか探りたいものです。

当初、王師は「日本人には太極拳を教えてはならない」と言っていましたが、「僕は日本人なのになぜ教えるのか」と聞いたのことに、一つだけ言えることは、古来の中国人は「水を飲むときは、井戸を掘った人の恩を忘れてはならない」という信念があり、例えば、有名な政治家田中角栄氏の恩に対して、中国の政治家達は絶えず角栄氏を訪れ感謝の意を表し、角栄氏の死後も娘には必ず訪問するとなど、恩に対する心情は深いものであるようです。

私の祖父が、王師の命を救ったらしく、その孫である私に、自分のできることを全てすることがあたりまえと言っていました。

太極拳は、王師にとっても「誇り」であり、その誇りを私に伝えてくれたのです。私が今、太極拳を教えるのも「心通じ合う」ものへのあたりまえのことです。これからも、太極拳の意を共有できる人たちが、ここに集まってくることを楽しみにしています。

このコンテンツはサイトメンバーに限定されています。 あなたが既存のユーザであれば、ログインしてください。新しいユーザは以下のように無料で登録することができます。

既存ユーザのログイン

CAPTCHA


nineteen − 14 =

   
新規ユーザー登録
*必須項目

コメントは受け付けていません。