楊式太極拳の太極剣

daikaisei

(←画像をクリックするとLivePhotoが再生します。)

太極剣に巡り合うまでに、私は柳生新陰流を習っていましたが、その時の練習法は、最初から刃引きで勢法(かた)を打つことでした。そして、その重い刃引きがとても軽く打つことができるようになったら、今度は桐の木刀を持たされました。とても軽いものです。そして、それを今度は重く感じるように打てと言われました。いとも簡単に重く打てました。次に割り箸を渡され、それでダイコンを切れと言われて、振り下ろしたところ、すぱっとダイコンが真っ二つになりました。
これは、内勁にて重い刀を振る勢いを本来の潜在能力として取り戻した結果、その内勁で軽い木刀を振ろうが、割り箸を掴もうが同じ勢いが働くと言うことです。このように、柳生新陰流は(かた)の事を勢法と書きます。
そこで、太極剣の師と巡り会い、太極剣を習ったのですが、彼も全く同じことを私に言ったので、既に修得済みであることを伝えました。そこから、剣においては対等にお互いに剣術を教え合いました。王師は柳生新陰流にとても深い興味を覚え、近くに居ながら付き合いのなかった、私の剣の師とも懇意になったようです。
私のところの門下でも、太極剣を特別クラスで行っています。もちろん、重さも刃引きと同じレベルの模造刀です。ジュラルミンのような軽い刀などは使いません。もともと刀は重いものです。ジュラルミンのような軽い刀など存在しません。昔の技術では、強くて薄い剣を作ることなどできず、薄いと言われる日本刀でもあの重さですから、ジュラルミンの剣程度の薄さなど、すぐ折れて使い物にならないからです。
しかし、重い刀を軽く振れるようになると、ジュラルミンの刀でも重く振れるようになります。太極剣の円圏の内勁ができているからです。
剣の円圏は剣尖までです。その円圏を動かすだけの内勁が身につきます。そうすれば、手刀でもその範囲の円圏が保てます。要は、相手との間合いは剣の長さだけあるのです。その範囲に相手が入ってくれば、もうこちらの範疇です。太極拳の大架式は、もともと腕の長さを超えて、剣の長さ以上の円圏を描く套路です。大架式は、その能力を思い出すためのものでもあります。従って、大架式を極めると、太極剣もあたりまえにできる頓法と、大架式をある程度まで高めたら、太極剣を並行して学ぶことで、双方の円圏が合致しながら相乗効果で套路も太極剣も上達する漸法にもなります。このように円圏が広がると、自他和合を、自他不二を攻防の理に持つ太極拳は、相手を包み込むような沾粘連随走化を得ることができます。

楊式太極剣剣譜

武道クラスの予備科目として昨年から行っている太極剣の剣譜です。

当流では、実際の剣の重さのある剣を使用して練習をしますので、一般の演舞用の軽いジュラルミン等の剣で行う動きとは全く違います。従って、楊式の古式85式を修練し腰腿を併せて兼ね備えていなければ、剣を振ることはできません。従って、すぐに太極剣からの入門は受け付けていません。まず、基本クラスなどから、腰腿を自分でも修練できる楊式の古式85式を覚えてからご参加下さい。

この剣譜は現在太極剣を学んでいる門下のためのものです。

1・起勢

2・上歩合太極

3・仙人指路

4・三環套月(さんかんとうげつ)

5・大魁星

6・燕子抄水(えんししょうすい)

7・左右攔掃

8・小魁星

9・黄蜂入洞

10・霊猫補鼠

11・蜻蜓点水

12・燕子入巣

13・鳳凰双展翅

14・右旋風

15・小魁星

16・左旋風

17・等魚式

18・撥草尋蛇(はっそうじんじゃ)

19・懐中抱月

20・送鳥上林

21・烏龍擺尾(うりゅうはいび)

22・風捲荷葉

23・獅子揺頭(ししようとう)

24・虎抱頭

25・野馬跳澗

26・翻身勒馬

27・指南針

28・迎風撣塵

29・順水推舟

30・流星趕月

31・天鳥飛瀑

32・挑簾式

33・左右車輪剣

34・燕子啣泥(えんしかんでい)

35・大鵬展翅

36・海底撈月

37・懐中抱月

38・夜叉探海

39・犀牛望月(さいぎゅうぼうげつ)

40・射雁式

41・青龍探爪(せいりゅうたんそう)

42・鳳凰双展翅

43・左右跨攔

44・射雁式

45・白猿献菓

46・落花式

47・玉女穿梭

48・白虎攪尾

49・魚跳龍門

50・烏龍絞柱

51・仙人指路

52・風掃梅花

53・手捧牙笏(しゅぼうがこつ)

54・収勢

■要訣